フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 桜の園のリディヤ | トップページ | 高野史緒『まぜるな危険』早川書房 »

2021年6月23日 (水)

コロナワクチン大規模接種センター東京会場

201246550_1010373633038605_8502950878017

需要はないかもしれないけど、コロナワクチン大模接種センター東京会場の様子をちょっと書いてみました。豊島区は64歳以下への接種券配布が比較的早かったので、大規模接種センターを選びました。ものすごい勢いで進むので、細部の記憶は曖昧です。

 

まず地下鉄大手町駅の一番神保町寄りの出口から出て真っすぐ行くと、すぐ会場。入り口は四つある。私は会場Bで予約したので、Bの窓口があるのかと思ったらそんなこともなく、番号か1から4までふってある。私は一応2に行ったけど、これってどうやらどこでもいいらしい。指定時間より数分速かったが、何時からの予約かは聞かれなかった。スマホ、写真撮影禁止の表示あり。もっとも、写真なんて撮ってる暇はないことがこの後明らかになるのであった。

 

確かこのへんで体温を測る。やたら低く出るので、びみょーな微熱の人とか通過しちゃうかもだ。

 

とりあえず受付で接種券と問診票と身分証明書を出す。身分証明書を返却され、ここで接種券、問診票、検温結果の紙をクリアファイルに入れて渡される。1が赤、2が青、3が黄色、4が緑(3と4は逆かも)。それぞれの色のファイルと同じ動線で動くことになる。あ、あと、写真の通りのワクチン接種のしおりを渡される。でも読んでる暇なんかないw

 

ちょっと行くと、それぞれの色の動線上にに、問診票をすでに記入した人と、未記入の人の振り分けがある。私は記入済みの方に行く。するとそこに人がいて、記入内容の確認がある。記入漏れがなければ先へ。

 

色分けされた床の上にパイプ椅子が縦に並んでいる。ここに座って待つ。人数が8人だったかたまると、立ってそのグループはエレベーターで上階へ。このへんで、なんかもう、急にUFOに乗ることになったロイ・ニアリーの気分になるww 世代ネタww エレベーターの中ではみんな壁に向かって立つよう指示される。

 

エレベーターを出ると、そのグループは一列になって歩き、問診へ。係の人が空いたところを常にチェックしていて「何番へ行ってください」とか指示されるので、池袋ジュンク堂のレジよりスムース。利き腕じゃない方に接種いた方がいいので、左利きとか特殊事情(透析用のシャントが左腕に形成されているとか)がないかどうか確認される。

 

問診票を見ながら問題がないかどうか確認し、終わった人からどんどん次の部屋へ。そこも待機用のパイプ椅子が間隔を空けて並んでいるが、座っている人はほぼいない。私は11番のブースを指示されて、その前にある椅子に座るが、前の人がすぐに出てきて、もう座ったとたん自分の番に。そこで左腕注射でいいかどうか再確認されて、アルコール消毒は大丈夫かどうか聞かれ、注射。本当に筋注?と思うくらい痛くない(この時はね)。

 

終わったら腕に丸い絆創膏(病院通いで採血に慣れている人にはおなじみのアレ)を張られておしまい。ブースを出る時、退去していい時間の書かれた紙を渡される。

 

どんどん流れ作業でまた8人集まったらエレベーターで階下へ。ここのあたりから色のグループ分けはなくなる。一階に戻ったら、二回目の予約の部屋へ。ここでもブースの前にパイプ椅子が縦に7、8客並んでいるが、二人以上待っているところはない。私も、今受付してる人の後ろの椅子に座る。2、3分で私の番が来て、紙のカレンダーを前に希望の日時を調整。私は病院の予約の日以外はいつでもいいので、平日にする。日曜日はまだ空いていたけど、それは平日に来られない人のためにあけておいた方がいいかと思って。係の人はタブレットで入力。紙のカレンダーは、予約が埋まっているところは斜線がひいてあったのだが、七月末までかなり埋まっているようだ。

 

ファイルはこの予約の時点で返却。退去していい時間になるまでの待機部屋へ移動。ここも間隔をあけてパイプ椅子が並んでいるが、次から次へと人が帰ってゆくので、常に半分くらいしか埋まってない感じ。この部屋には自販機があって、お茶とか飲みたい人は買えるようになっている。

 

ここでもらった紙とかを整理しているうちに時間が来る。別に体調に変異とか全然ないし、お手洗いも必要なかったので、そのまま帰る。ここまでで、入ってから30分弱。

 

どこにも関係者がたくさんいて、常に誘導されている状態なので、迷うことはないというより、迷いようがない。このシステムを構築して稼働させている自衛隊、ほんとすごい。

 

接種後三時間くらいで接種部位が筋肉痛になってくる。翌朝はもっとひどくなっているが、午後になるとすこーしマシになった感じ。発熱はナシ。

 

二回目の接種の時は新刊ももう出ているので(『まぜるな危険』早川書房。ヨロシク)、帰りにoazoに行って自分の本を激励してきます。

 

余談:帰りに将門さまの首塚に寄ったら、清澄な中にも荘厳な、石造りの和モダンっぽい立派な場所になっていました。大規模接種センター東京会場においでの際は、是非、お立ち寄りください。

« 桜の園のリディヤ | トップページ | 高野史緒『まぜるな危険』早川書房 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜の園のリディヤ | トップページ | 高野史緒『まぜるな危険』早川書房 »