フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月29日 (木)

NOVA2019年秋号と『おうむの夢と操り人形』

41qoothumb1 51gmi1xq6fl__sx354_bo1204203200_

Novaについてはご報告が遅れた形になっちゃってすみません。8月、河出書房新社のNOVA 2019年秋号と、東京創元社の年刊日本SF傑作選 おうむの夢と操り人形が刊行されました。

NOVAの収録作家は草野原々、高野史緒、高山羽根子、田中啓文、谷山浩子、津原泰水、トキオ・アマサワ、藤井太洋、麦原遼。私の作品は、小説の禁則をいくつも破った「浜辺の歌」です。

『おうむの操り人形』の収録作家は円城塔、斉藤直子、坂永雄一、三方行成、柴田勝家、高野史緒、田中啓文、飛浩隆、西崎憲、長谷敏司、藤井太洋、古橋秀之、日高トモキチ、水見稜、宮内悠介、宮部みゆき、肋骨凹介、道満晴明、アマサワトキオ。私の作品は、去年Kindle Singleで出版した「グラーフ・ツェッペリン 夏の飛行」です。

どちらも、いずれ劣らぬ才能の中にカウントしていただけで感謝の至りです。NOVAはオール描き下ろし、『おうむの夢』は2018年度のベスト選集で、性質の違うアンソロジーですが、両方とも収録作家全員の個性が輝いていて、日本のSF畑の豊饒さを実感します。

 

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »