フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« アンスティテュ・フランセ 第1回「読書の夕べ」 | トップページ | キン・ザ・ザ見られます! »

2018年3月 1日 (木)

SFマガジン4月号

51iiyomnmal__sx351_bo1204203200_
現在発売中のSFマガジン4月号に、去年のヘルシンキでのールドコン75の時に公式プログラムといっしょに配布されたフィンランドSFアンソロジーの中の一編が紹介されております。

これは私が持ち帰ったその冊子から、フィンランドミステリ翻訳の第一人者、古市真由美さんが選んで翻訳したもの。

モノは、エンミ・イタランタの「骨のカンテレを抱いて」。作品紹介は不肖わたくしめがいたしております。

イタランタはつい最近、邦訳二冊目の『織られた町の罠』が出たばかりで、興味のある方も多かろうと思いますので是非。イタランタばかりじゃなくて、これから北欧のいろんなSFやファンタジーが翻訳されるといいな~とおもっておりますです。

« アンスティテュ・フランセ 第1回「読書の夕べ」 | トップページ | キン・ザ・ザ見られます! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SFマガジン4月号:

« アンスティテュ・フランセ 第1回「読書の夕べ」 | トップページ | キン・ザ・ザ見られます! »