フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年8月30日 (水)

トレヴァー・ホーン・バンド@ビルボードライブ東京

Tchtop

トレヴァー・ホーン・バンド来日公演

8月22日、トレヴァー・ホーン・バンドの2ndステージに行ってきました!

前回の来日は2012年8月。私はまだ乱歩賞の賞金も印税も振り込まれてないのにお付き合い関係でどんどんフトコロ具合が怪しくなってた頃で、果たして行けるのか?!という状況だったけど無理矢理行ってしまったんだった。まあ今回もワールドコンでナニだったので似たようなものですがsweat02 それでもトレヴァー先生の来日とあらば行かねばなりますまい。ほんとは20日のサマソニも含めて全公演行きたかったけど……そこはホラ、ワールドコンが……ゴニョゴニョsweat01

というわけで、ほぼ40年来のファンを自認しつつワンステージのみのレポです。

22日2ndステージのセットリストは以下の通り。

TWO TRIBES   Frankie Goes To Hollywood
VIDEO KILLED THE RADIO STAR   The Buggles
ALL THE THINGS SHE SAID   t.A.T.u.
RUBBER BULLETS   10cc
CRY   Godley & Creme
PLASTIC AGE   The Buggles
SLAVE TO THE  RHYTHM   Grace Jones
THE POWER OF LOVE   Frankie Goes To Hollywood
CAN’T FIGHT THE MOONLIGHT   LeAnn Rimes
OWNER OF A LONELY HEART   Yes
I’M NOT IN LOVE   10cc
SKY SHOW   Trevor Horn
FUTURE BOYFRIEND   OST The Reflection
RELAX   Frankie Goes To Hollywood

EVERYBODY WANTS TO RULE THE WORLD   Tears for Fears

もうね、懐メロw みんなでかわりばんこにヴォーカル取って懐メロオンパレードです。シールのKiss from a Roseも予定されてたけどやらなかった。まあそもそも誰が歌うんだって感じの難しい曲ではありますが。トレヴァー先生がヴォーカルを取ったのはバグルズの二曲と新曲のSky Show。Sky ShowはNHKで粛々と放送されているアニメThe Reflectionの「80年代ヒット」という設定の曲ですが……これがね、もう、ものすごくバグルズっぽくて、私なんかは二度ほど聴いたらもう中学生くらいの頃からずっと聴き続けている曲のような気がするくらい、なじみすぎるほどなじんでしまった曲です。しかも、トレヴァー先生、バグルズ時代と同じ音域で歌ってる……。今回のライヴでも、根性であの高音域で歌い切りました。I'm not in Loveが終わった時点でベースを置いたので、おおっ?!と思ったら、そう、ヴォーカルに一球入魂で歌ってましたよ。もうイエスのトラウマからは解放されたのだなと思うと感無量です。ウェンブリーの時も2012年の来日の時も、ステージの上ではまだちょっと引いてる感もなくはなかったので……

「ヴィデオスターの悲劇」なんかはもう最初からコーラスは客がみんなで入れるのが前提のようなつくり(笑)。そして今回は途中でリック・アストリー(!)がゲストとしてやってきて、「ロンリー・ハート」を歌ったのでした。最初(あのジョン・アンダーソンじゃないと歌えない)オリジナルキーで歌い始めてすぐにオクターブ下げるっていうのは、まあ最初からそのつもりのネタだろうとは思うけど(何しろリックはデビュー当時、かわいい顔に似合わない太くて低い声でウケた人だし)、でも歌詞の紙見ながら歌うのやめてくれ(笑)。デキもイマイチ。まあ今回はお祭りってことで勘弁してあげよう。

トレヴァー先生はかつて「クラシックのオーケストラみたいに、過去の名曲を演奏するバンドがあってもいいんじゃないか」という趣旨の発言をしているのですが、何というか、まあ自分でそれを実践してるって感じでしょうか。過去の実績も今の実力もあるシュミのオヤジバンドだからこそでしょう。ポップスもロックも、もうクラシック並みに「名曲」があるんだし、確かにそういうバンドがあってもいいよね。

2ndステージの後はサイン会あり。Tシャツにサインしてもらってしっかり握手もして、夢の一夜は終了。また東京来てね! トレヴァー先生! そしてできれば次はGive Me Back My Heartをリードヴォーカルで歌ってください(笑)。

十代の頃から生ききづらかった自分に「トレヴァー・ホーンの新曲を生で聴く日がやってくるから頑張って生きろ」と言ってあげたい。いやあ、まさかこんな時代が来るとはびっくりだ。

2017年8月17日 (木)

Worldcom75@ヘルシンキ その3 【レポートイベント】

池澤春菜&堺三保のSFなんでも箱(Anything Box) #46
行ってきました世界SF大会レポート
ゲスト:YOUCHAN、高野史緒 (シークレットゲストあり!)

[日時] 2017年8月19日(土) 開場・19:00 開始・19:30 (約2時間を予定)

[会場] Live Wire HIGH VOLTAGE CAFE
     東京都新宿区新宿5丁目12-1 新宿氷業ビル3F (1F割烹「いちりん」右階段上がる) 
(Googleマップ)
    ・都営新宿線「新宿3丁目」駅 C6~8出口から徒歩5分
    ・丸ノ内線・副都心線「新宿3丁目」駅 B2出口から徒歩8分
    ・JR線「新宿」駅 東口から徒歩12分
 
[料金] 1500円 (当日券500円up)

というわけで、ワールドコン75@ヘルシンキ、行ってまいりました!

正直、今なおSFイベントには全然ついて行ってなくて、置いてけぼり~感は否定できないので、「まともなレポート」としてはお話しするようなことはないのですが、まあまともなレポートはきっと巽さんとか小谷さんとかがSFマガジンでやるでしょうし、今回は春奈さんとサンポさんを囲んで内輪っぽいしょうもない話をしましょうかねえ、的なイベントです。

シークレットゲストのほかにもちょいサプライズありです。皆さま遊びにいらしてくださいね!

2017年8月 8日 (火)

Worldcon75@ヘルシンキ その2

日本SF作家クラブ プロモーションブック
https://www.dropbox.com/s/4haahga96knigbj/promotion75_all_0806.pdf?dl=0

『WOMBS』英訳プルーフ
https://dl.dropboxusercontent.com/u/3931483/WOMBS_FreeSample.pdf

第37回SF大賞選評冊子
https://www.dropbox.com/s/np9h9migljdc5jc/SF2017booklet_eng_forQR.pdf?dl=0

2017年8月 7日 (月)

Worldcon75@ヘルシンキ その1

Logo300x300


8月9~13日にヘルシンキで行われるワールドコン75に、日本SF作家クラブの一員として行ってまいります!

今回は今後のことも考え、広報にかな~り力を入れて、日本SF作家クラブのプロモーションブックや『WOMBS』の英訳サンプル、SF大賞の選評英語版、掲示用タペストリー、YOUCHANのアートショウ、藤井太洋会長の企画参加(もちろん英語で!)等、いろいろ用意されております。……って、冊子やタペストリーは特にYOUCHANがタダ働きで粉骨砕身したのですが。もうね、YOUCHANに足を向けて寝られません。

で、その冊子のWeb版ですが、次エントリでリンクを公開します。いちおう翌日午前九時公開解禁ということになっているので、ココログのタイマーをセットしていきますが、うまく作動しますかどうか。

もう準備が何もかも泥縄……3日になってヘルシンキ市庁舎が「レセプションやるから来てね!」とか言い出すし(しかも返事の締め切りが4日!)市庁舎側は「これは基本フォーマルなレセプションで、招待者は各ジャンルでの活躍ぶりを見て選定しているのだから、他人に権利を渡さないように!」とか厳粛なことを言っているが、もう一方で「非EU圏外からワールドコン申し込みが早かった人」というウワサもあり……正直、後者ではないかと疑っている。だいたい、日本人の「活躍してる人」なんて短期間に調べられるとは思えず……。ぐだぐだなのはきっと行く側だけではないはずだ……

というわけで、設定が上手くいけば明日の午前中にリンクが貼られます。

現地でお目にかかる皆様、よろしくお願いします。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年10月 »