フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« プロオケの大逆襲!:読響第552回定演「白鳥を焼く男」「ハルモニーレーレ」 | トップページ | 信じるか信じないかは、あなた次第です! »

2015年11月22日 (日)

SF作家クラブ周りで何が起こってるの?

なんか、「お前も去年の件の暴露をした人間なのだから、責任をもって発言しろ」とか、「何度かSF大賞の候補にもなっているのだから、何か思うところがあるはずだ」みたいな火の粉が飛んできてるんですけど、何が起こってるの? 

私がSF大賞の候補になったのが「何度か」と言っている人は、候補作品が非公開であった頃のことも知っている人、もしかしたら私よりはるかに古株の、内部の人である可能性がちょっと高い? (この発言はよくなかったです。申し訳ありません。詳しくは付記で)

とにかく何が起こってるんだ。誰かまとめとか作ってくれたらありがたいです。

私に何か思うところがあったとしても、やむを得ない事情で引き受けてしまった急ぎの宇宙のシゴトがあるんで、それどころじゃないので発言してる暇はないですすいません。

付記と謝罪:「高野史緒のSF大賞候補作が複数であることと、その作品名自体は、候補作非公開時代から会員でない方や、SFサッカクラブと無関係な方でもけっこう知っている情報である」というご指摘がありました。確かに、そんなに広く知られたことではないですけど、秘密というほどでもないので、このことから私に火の粉を飛ばしてくる人たちが古株の世代であろうと推測するのはよくないですね。すみません。上記エントリは変な憶測を避けるため修正せずに残した上で付記をつけました。

« プロオケの大逆襲!:読響第552回定演「白鳥を焼く男」「ハルモニーレーレ」 | トップページ | 信じるか信じないかは、あなた次第です! »

コメント

自衛が可能な程度には情報が集まりました。助けてくださった皆様、ありがとうございます。

当エントリに誤解を招く表現があったことをお詫びします。SF作家クラブが全体的にもめているという事実はなく、なんかね~、藤田直哉さん(この人は作家ではなく評論家です)という人が一人で騒ぎ始めて、「それは事実に反していますよ」といさめに来た人たちを巻き添えにしてツイッターで一人炎上してるようです。で、私んところには、それに便乗した何者か(でもあきらかにかなりの事情通)が、なんか失言させたら面白かろう、とでも思ったのかヘンなメールを送ってきた、といったところでしょうか。

巻き込まれた人たちのところには無言電話があるそうですし、問題の中心の人物には以前から厳しい評価が多いのも直接会うとどいう印象かも知ってましたので、今後もこの件゛関しては専守防衛一筋でまいります。

多くの関係者の盾になってしまっている日下三蔵さんには本当に感謝の気持ちしかありません。ていうかムリすんなよ。

お疲れ様です。大変でしたね。

ありがとうございます~。でも私よりもっと苦労してる人(他人を守るために盾になってる人、もちろん無償)が何人もいますので、このくらいでヘタレてたらあかんですよね~。

でも、そもそもクリエイターとか評論家なんて、人生の泥に潜っていってそこから何かを拾い出すわけですから、どこかしら汚れてたり歪んでたりするのは当たり前なんじゃないかと私は思ってます。世の中から「もめごとなんか起こらない、清らかで人徳のある仲良しの人たち」みたいのを期待されても困るでw

あ、藤田直哉さんとかいう評論家にTwitterでディスられてるw 事実確認がどうのとか言ってるけど、自分が起こした騒ぎが、労力と時間を費やしてまで細部に至るまで把握すべき重大問題だと思っているのだろうかw 一人エコーチェンバーだwww

まあ正直、ネットでは黙ってることもできたけど、今までの経験から言うとその沈黙自体をどこかで利用されかねないので、おおっぴらに情報を募ったというのはあります。2chとかまとめとか読んでるほど時間ないし。そこまで藤田さんのために労力費やす気はないです。日下さんも身を挺してまでこの人にかかわるこたぁないと思うよ~。

でもこれで今後藤田さんが私の作品を低く評価したら「仕返しwww」って言われるw

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SF作家クラブ周りで何が起こってるの?:

« プロオケの大逆襲!:読響第552回定演「白鳥を焼く男」「ハルモニーレーレ」 | トップページ | 信じるか信じないかは、あなた次第です! »