フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 美術館映画三本:其の三 『ヴァチカン美術館 天国への入り口』しかも4Kで3D | トップページ | R-1ぐらんぷり2015 »

2015年2月 2日 (月)

日本・ロシア活字文化比較講話 (クセニア・レシチェンコ)

想定外のレベルの低いぐだぐだ話でがっかりでした……。日露友好という趣旨で何かイベントをやるのはいいんですが、それだったら会員の中だけでお茶飲み話でよいのでは。まがりなりにも「講話」と銘打って外部の人も有料で入場させる以上、最低限のレベルは確保しないとダメでしょう。

日本・ロシア活字文化比較講話
講師:クセニア・レシチェンコ 法政大学国際日本学インスティチュート博士課程

結局、「活字文化」についての話はほとんどなく、日本の電車内や図書館のポスターが「マンガ的でビジュアル重視」であるところをあげつらったり、マンガは娯楽的だからダメ、みたいな方向に流れる。話を聴いている限り、彼女はそもそもマンガの「読み方」というものを知らない。私は今までオタクのロシア人と何人も会ってきたけど、マンガの読み方をちゃんと分かってる人ばかりでしたよ。このレシチェンコさんみたいな人は決してロシア人の感性の平均ではないと思う。ロシアと日本の感性の違いの問題ではなくて、彼女は絵画的なものから情報や情動を読み取る力が極端に弱い人であると感じた。

「将来の夢はロシアで江戸の文学についての講義を持つこと」と言うが……現在、江戸時代を代表する「文学」と受け取られているものの多くが戯作か芝居の台本だよね。今でいうマンガやアニメに相当する大衆娯楽。現代のビジュアル重視大衆娯楽は否定して、江戸時代のビジュアル重視大衆娯楽は称賛するというダブルスタンダードについてはどう思っているのだろうか(質問はしたけど、自覚がないらしく話はかみ合わず)。大衆娯楽に対する軽蔑感を持った人が、果たして江戸の文化のどこに魅力を感じているのだろうか。

ロシア・ソ連にはもともと、「子供向けの娯楽」のフリをして社会風刺をやるという高度なワザがある。一見しょうもない荒唐無稽な戯画を通じて二重、三重の意味をやりとりする感性には長けているはずである。それを考えると、彼女の感性の偏りはなおさら危機感を感じる。まずその偏りや未熟さを自覚するところから始めないと、研究者としては立ち行かなくなるだろう。まだ若いうちにもっと厳しい研究環境に身を置いた方がいいんじゃないかなあ。今は多分、「日本語が上手なカワイ子ちゃん」というだけでチヤホヤしてくれる人が周囲にたくさんいるのだろう。いわゆる「下駄をはかせる」ってやつ。北大や東大にはロシアから恐ろしほど優秀な留学生が来る。そういう人たちの間で厳しく自分を省みないと、ほんとにただの「日本語が上手なお嬢ちゃん」から「日本語が上手なおばちゃん」になって終わっちゃう。他人事ながら心配でたまらん。

« 美術館映画三本:其の三 『ヴァチカン美術館 天国への入り口』しかも4Kで3D | トップページ | R-1ぐらんぷり2015 »

ロシア・ソ連」カテゴリの記事

コメント

先日は大変失礼いたしました、、
ふみお様を、作曲家の藤田友人氏にご紹介致しました。
藤田氏はロシアにも留学され、文学に造詣が深く、
ふみお様ならば楽しいお話など弾むと思います。

下記、藤田様のコメント欄です。
私の事は、嫌いなようですから無視しているようですが、お気になさらないでください、、

https://www.youtube.com/user/FujitaFriends/discussion

減二さん

二度とこのような事はなさらないで下さい。

この書き込みと私のレスはこのまま残しておきますが、それは今後問題が起こった時に、ここで唐突に名前を挙げられてしまった藤田友人氏には何の責任も落ち度もないことの証明のためです。減二さんの言動を肯定しているからではありません。

今後、迷惑行為と受け取れる書き込みがあった場合、問答無用で削除します。

ふみお様、、
ご指摘、ありがとうございます。今後、気を付けます。
文章とかに慣れていないので(文系ではない)、
しばらく考えた後、コメントしています。
申し訳ありませんでした。
後、藤田に間違えて芥川賞をご受賞なさったと伝えてしまいました。

ふみお様の申し上げる通り、
私もアニメから洗脳をするというのは、聞いたことがあります。
でも、アニメとかそのようなものではなく、
もっと巨大なものとか、このようにならなければならない!!
とかの、上からの指示のように感じます。

念のため、メールアドレスを送っておきました。

SF大好きの私ですが、今後とも宜しくお願い致します。
今は、雫石鉄也様のところでのんびりしています。
ふみお様も是非、いらしてくださいね(^◇^)

いっぱいお話とか、楽しみにしています。


先日来より、高野さんには少々、不愉快な思いをされているのではないかと危惧いたします。私があやまることはないかと思いますが、申し訳ございません。
誤解されると、いけませんのでいいますが、減二さんは、私のブログに時々コメントをくださるお方です。特段、私と友好関係にあるご仁ではありません。ブログ主とコメントする人というだけの人です。
減二さんも悪気はないかとおもいますが、私を検索して高野さんに行き着いたかとおもいます。
どうかご機嫌をお直しください。

減二さん

私は「アニメから洗脳」などという話はしていませんよ。おかしなことを言うのはやめてください。

あなたは精神的に危機的な状態です。以前の書き込みで、頭の調子が良くないこと、病院に行くべきと自覚しているという発言がありましたよね。自覚があるうちに病院に行かなければなりません。ネットをやめてすぐに病院に行きましょう。さもないと、あなたはますます「もっと巨大なものとか、このようにならなければならない!!とかの、上からの指示」に悩まされることになります。それを止めるただ一つの方法は、病院に行き、治療を続けることです。

いいですか? 「上からの指示」と戦うただ一つの方法は、精神医学の専門家の指示に従うことです。自分に合う薬を長期的に投与することで、あなたは「上からの指示」に抵抗する力を得られるのです。それは一刻を争います。

あなたのメールアドレスには、あなたがちゃんと治療を始めたら返信しようと思っています。 

雫石さん、いつまでも同じ土俵に立って相手にしたらいけないですよ。ちょっとメタに相手にしないと。ここ読んだ方の九割がたは同じ病名を想像していて、専門家も同様の病名を下しそうに思えます。なんとかして「自分が病院に行けば、指令とか陰謀とかと戦う方法が得られる、だから病院に、という流れを作るべきかと

ふみお様。ご心配いただきとても嬉しいです。
体の方から精神疾患になることもあるようで、
それはさすがに拒否ですね。我々、本当に痛いのですよ、、」
貴方の伴侶が嫉妬深く、貴方は本当は美しく聡明なのに!!
わざと醜い状態で写していることが、判明しました。
悪いことは言いません。ここは、井上と別れるべきでしょう。

ブスで申し訳ございませんね。しかし、この歳になっても熱心に関心を示してこられる男性は年に何人か現れまして、女としてのプライドは保てておりますのでご心配なく。

「減二さんにからまれたら怖いのでコメントができない」とおっしゃる読者さんが複数いらっしゃいますので、以降、減二さんの書き込みは見つけしだい非表示にさせていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182637/61074933

この記事へのトラックバック一覧です: 日本・ロシア活字文化比較講話 (クセニア・レシチェンコ):

« 美術館映画三本:其の三 『ヴァチカン美術館 天国への入り口』しかも4Kで3D | トップページ | R-1ぐらんぷり2015 »