フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« おフランス版バイトテロか? | トップページ | 日本ファンタジーノベル大賞休止 »

2013年12月 1日 (日)

乱歩賞作家競作アンソロジー 『デッド・オア・アライヴ』

12月18日、こんな本が出ます。2005年以降の乱歩賞受賞作家(全員は揃わなかったけど)によるアンソロジーです。 書影がまだないです。以下、紹介文はアマゾンからコピペ。


「デッド・オア・アライヴ」

7人の著者に与えられたテーマは「デッド・オア・アライヴ(生死の危機)」。さらに、各作品の登場人物が2013年9月7日正午の帝国ホテルに同時に存在するという時空間の共有の下、それぞれのミステリーが進行する。

薬丸岳「不惑」
結婚式のビデオ制作ディレクターをしている窪田には、十二年間眠りつづけている恋人がいる。そして今日行われるある結婚式で、窪田は復讐を企てていた。

竹吉優輔「イーストウッドに助けはこない」
学生時代にカタギの世界から足を踏み外し、非合法に近い金貸しの仕事を手伝うコージ。「その道」に入るきっかけとなった叔父を、仲間とリンチする羽目になるが。

高野史緒「悪魔的暗示」
1918年、帝国ホテルのシガー・ラウンジ。少年はアメリカのスパイたちの会話を耳にしていた。ロシア帝国崩壊で闇と消えた、ロマノフ王朝の秘宝の行方は。

横関大「クイズ&ドリーム」
ホテルにチェックインした川尻は、突然部屋を訪れたお面をかぶった男に「これからクイズを出し合い、それに答える。負けたほうがこのカプセルを飲む」というゲームを強制され……。

遠藤武文「平和への祈り」
帝国ホテルのエントランスでケサランパサランを見かけ、そのあとを追った作家。日比谷公園の林の中で「我が名はミカエル」と名乗る天使と出会い……。

翔田寛「墓石の呼ぶ声」
帝国ホテルのロビーで倒れた雨宮勇吉という老人は、戦後ずっと九月に泊まりにくる常連だ。ホテルマンがあるとき聞いた、雨宮の過去と、墓石の秘密とは。

鏑木蓮「終章~タイムオーバー~」
ナノバブルと呼ばれる微細な気泡を水耕栽培に活かす事業を興し、三十七歳の女性社長として手腕を振るう日下凜子。 ある夜、一人で酒を飲んでいると身体をしびれが襲い……。



昨日は「ダ・ヴィンチ」の取材で集団インタビュー&神楽坂でお食事。みなさん意外と「お題」で苦労したようですが、実は私はむしろラクなお題だと思ってました。よく考えたら、私、デビュー4年で「異形コレクション」という壮絶なムチャ振り地獄wに放り込まれたんですよね。

「異形」は、そもそもお題が常識はずれのムチャ振り、広義のホラー、自分の他に誰が書くか全く分からない、20人以上(最後期にはもっと絞り込まれたけど)書くのでよほどオリジナリティがないとネタがかぶる危険性が高い、菊池秀行さんや皆川博子さん等の超大物が必ず一人は入っている等々のハードルや地雷が暗闇に設置されていて、何より恐ろしいのは、「出来によっちゃ依頼原稿なのに没」もあり得るという凄惨さ。私も実は、36『進化論』に書いた初稿の「ひな菊」を没にされました。でもその後書き直したら2010年のベスト版アンソロジー二つに収録された出来に化けたので、あの厳しさは意味があったなあと思うことです。その他にも、17『ロボットの夜』に書いた「錠前屋」が『ベストミステリーズ 2001』に、28『アジアン怪綺(ゴシック)』に書いた「空忘の鉢」がイタリア語、英語に訳される等、異形関係はけっこう成果を上げています。まあ早い話、虎の穴ですよ、虎の穴。

『デッド・オア・アライヴ』に書いた「悪魔的暗示」は、クラヲタならタイトルで想像がつくと思いますが、プロコフィエフ登場。1918年7月にニコライ二世が処刑された時、実はプロコフィエフは本当に日本に滞在してたのでした。今年はロマノフ王朝創立400周年なので、今年中に出る本にこのネタを使うことにはこだわりがあったし、種明かしをするまでネタが割れないことに関してはかなり自信があります。

先日、全員分のゲラを拝見しましたが(この時初めて参加者の面子を知った。異形よりマシw)、ワタシ的には、筆力では翔田さんの昔話パートがマックスではないかと思っています。ネタ消化力は、僭越ながらワタクシに自信あり。いや~、だってホラ、何しろ虎の穴出身ですのでcoldsweats01 ってあんまり書くと、まるで褒めたり自慢したりするふりをして実は井上雅彦さんに対する恨み事を言い募っているニオイが漂ってきますのでこれ以上は書きませんw いや本当に怨んでません怨んでませんてば~。感謝してますってば~やだな~coldsweats01

発売は12月18日、本書掲載のダ・ヴィンチは1月7日発売。近日中に講談社のサイト内に特設ページ(座談会つき)が開設される予定です。お楽しみに~。

« おフランス版バイトテロか? | トップページ | 日本ファンタジーノベル大賞休止 »

ロシア・ソ連」カテゴリの記事

コメント

「デッド・オア・アライヴ」
……すいません、ゾンビの話かと思ってしまいました。

それじゃ「異形」だってwww 

林さんのところにヘンなとばっちりメールとか来てないですよね……? なんか呼び込んじゃってたらすみませんsweat02 

高野様

 お気遣いありがとうございます。幸い、特に変なメールは届いておりません。

よ、よかった。みんなそうだとは思いますが、本が出る直前直後はちょっとなんかありますよねsweat02  

この記事へのコメントは終了しました。

« おフランス版バイトテロか? | トップページ | 日本ファンタジーノベル大賞休止 »