フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ミステリとしての『カラマーゾフの兄弟』 スメルジャコフは犯人か? | トップページ | プー様の離婚 »

2013年6月 2日 (日)

年刊日本SF傑作選2013『極光星群』に「百万本の薔薇」

書影はまだですが、AmazonやHontoにページができたようなので告知。

大森望・日下三蔵編 年刊日本SF傑作選2013『極光星群』(東京創元社)に、去年の「小説現代」2月号に掲載した「百万本の薔薇」が収録されます。乱歩賞受賞後第一作という位置づけで(結果として)SFをやって、一部のお堅いミステリファンからは不興を買った一作(笑)。

まあ正直、怒る人出てくるだろうなと承知の上でSFをやったんですけどね。ミステリにしてSFで何故悪いのかが私には分からないのですが……なんで怒る人が出てくるんだろう?

書影が上がってきたらまた改めて掲載します。まずはお知らせまで。ソ連ネタの小説なので、このエントリのカテゴリは「ロシア・ソ連」に入れておきます。

« ミステリとしての『カラマーゾフの兄弟』 スメルジャコフは犯人か? | トップページ | プー様の離婚 »

ロシア・ソ連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。