フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 山崎バニラの活弁大絵巻 ~ニセモノvsホンモノ~ | トップページ | 徳間文芸賞とSF作家クラブ50周年イベント »

2012年2月25日 (土)

アメリカの震災チャリティ・アンソロジーTomo発売へ

41tne3uc09l__ss500__3 いよいよ、Tomo: Friendship Through Fiction—An Anthology of Japan Teen Storiesが発売になります。

これは日本在住の作家ホリー・トンプソンさんが編者となって、Stone Bridge Pressから発売される本で、日米両国とカナダ、オーストラリア等の英語圏の作家たちによる、日本をテーマとした作品を集めたヤングアダルト向けのアンソロジーです。小説、詩、イラスト・ストーリー形式の36作品を収録。うち10作品が日本語から英語への翻訳作品となります。東日本大震災の一周年に合わせて発売され、収益は東北の子供たちの支援のために使われます。

詳しい内容及び著者・翻訳者インタビュー、寄付先等の情報は公式サイトにあります。

Tomo公式サイト  Tomo公式サイト日本語ページ

ただ今、プロの翻訳者たちによる著者インタビューの日本語翻訳作業中。

Amazon.jp(日本)のページ  Amazon.com(アメリカ)のページ

その他、カナダ、イギリス、フランスのアマゾンでも買えます。ううむ。さすがだ……。英語の威力恐るべし。

公式には3月10日(日本時間で3月11日)発売ということになっていますが、アメリカのアマゾンではもう買えますね。プレスリリースを必要とされる日本のメディアの方は、どうやらアメリカ側に何もかも対処してもらうのは大変なようなので、まず私にメールを下さい(takanositemail@mbr.nifty.com)。日本語版を作りたいという出版社歓迎。

友情を旨とするティーンエイジャー向け企画でありながら、よほどのエリート教育を受けた語学が得意な子でもない限り日本の一般の中高生には読めないわけで、日本のティーンエイジャーに疎外感を感じさせるようなことになってはいけないと考えています。現在アメリカ側に日本語版の企画を任せてもらえないかと提案中です。あの東欧アンソロジーに比べたらラクな仕事ですしねsmile

日本をテーマとした日米合同のアンソロジー企画というのは、どうやら今まで存在しなかったようです(調査不足の可能性もあるので、ご指摘があればお願いします)。すでに英語版を読んだ人の感想では、チャリティ企画としてだけではなく、純粋にティーン向けの書籍として大変面白く、価値のあるものだそうです。ならば何としてでも日本語版を作って、日本の若き読者たちに届けたいです。

私のインタビューはこちら。フォトショを使わない人なので(「使えない」とは言いたくないw)、なんともリアリズムなお写真sweat02 着付けに気を取られ過ぎてて机の上を片付けないまま撮ってるし……。万年筆は日常使い用のスーベレーンM400ホワイトトートイスとタルガ・ブレステージですね。えらいリアリズムだsweat02 「鐘の皇帝」は2001年に撮影したもの。私が小さい人なので、鐘がよけい大きく見えますねw これ本気で鳴らすつもりで作ってたロシアの人たちって、何考えてたんだろう……

« 山崎バニラの活弁大絵巻 ~ニセモノvsホンモノ~ | トップページ | 徳間文芸賞とSF作家クラブ50周年イベント »

東日本大震災関係」カテゴリの記事

コメント

久しぶりだねwink元気してる?

すみません、以前接触があった時はハンドルだったとか、何らかのペンネームだったりしたでしょうか? どなたか分からなくて申し訳ありません。

間違ってたら申し訳ありません。以前、私が土浦市に住んでいた時に知り合いになった小説家の方かと思いまして連絡しました。その方は、小説家をされながら塾の先生をされているといわれていました。ガストで一緒に山盛りポテトを食べたりしました(笑)

塾の先生はやったことないです~。他に土浦(もしくはその近郊)出身の作家って知らないのですが、私が無知なだけで実はそちらの方のほうが有名な人だったりしてcoldsweats01  さすがに永井路子さんってことはないでしょう(<ヲイ)。お友達、見つかるといいですね!

この記事へのコメントは終了しました。

« 山崎バニラの活弁大絵巻 ~ニセモノvsホンモノ~ | トップページ | 徳間文芸賞とSF作家クラブ50周年イベント »