フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 謹賀新年 | トップページ | 無声時代ソビエト映画ポスター展と怪獣・SF映画特集 »

2009年1月 5日 (月)

天地人

去年、篤姫ブームに乗りはぐってくやしいので、とりあえず第一回は見る。

おおお……

すでにして801の香りがw

阿部寛演じる輝虎(上杉謙信)が、登場の仕方からしてすでにキャプテン・ハーロックだった。かっけーーーーーーー! 輝虎が出る限りは見ようっとw

でも実は戦国武将の相関関係が未だに全く分かっていないワタシ。ついてゆけるのか……?

« 謹賀新年 | トップページ | 無声時代ソビエト映画ポスター展と怪獣・SF映画特集 »

コメント

おおっ、お仲間です。篤姫ブームに乗り遅れたところといい、戦国武将の相関関係が良くわかってないとこといい...
801の香りがしましたか。
オレは長澤まさみと 相武紗季に期待です。
それにしても与六の子役の子はなかなかいい演技してましたね。

武将801は定番でっせ。今からでも遅くはない! その道へと踏み出す勇気を!

いかちょーさんと大野さんには(というか、全ての人にw)氏家幹人先生の著作をお薦めします!

特にこの本は必須。

武士道とエロス (講談社現代新書)
http://www.amazon.co.jp/%E6%AD%A6%E5%A3%AB%E9%81%93%E3%81%A8%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%82%B9-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%B0%8F%E5%AE%B6-%E5%B9%B9%E4%BA%BA/dp/406149239X/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1231123272&sr=1-1

ワタシは日本史そのものが苦手で、宮廷も幕末も相関関係が頭に入らないのです…… なんつっても養子という制度がネックですね。

何の本かと思ったら、「衆道」の話なんですね(^^;;
でも、衆道と801はまた違った話かと思われ。。。

ふっふっふ。私はですね、さる801系の取材を受けた時に氏家さんとお会いして、この本をサイン入りでいただいたのですよ。氏家さんも801の方々も衆道と801は別物とは考えていらっしゃいませんでしたのよ。とりあえず読んでから言ってくれ。

いやぁ、私は801の感覚そのものがわかっていない(理解できない)ので、そのへんの宗教論争というか、宗派論争は読んでもわかんないと思いマスです。

だったら「衆道と801はまた違った話」とか、しょうもないこといちいち言うなよ……

そのへん、エンディアン論争と同じで諸説さまざまなんじゃないんですか。野阿さんがそんなこと言ってましたよ。

ハイハイ

李下に冠を正さず。

この記事へのコメントは終了しました。

« 謹賀新年 | トップページ | 無声時代ソビエト映画ポスター展と怪獣・SF映画特集 »