フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

プーチン写真集情報

Puphotobook1 ストラーニク自体の報告はもうちょっと準備してからね。

ウワサのプー様写真集、ペテルブルクで見つけました。

限定で発売され、関係者のみに販売されたと言われるかの豪華写真集、大手書店のレア古本のコーナーにありました。

私が泊まっていたオクチャーブリスカヤ・ホテルの一階外テナントに、わりと最近できた新しい大型書店Bookvoed(24時間営業! やはり24時間営業のセルフサービスカフェ併設!)が入ってて、入り口右手に商品がみんなガラスケースに入ってるレア古本のコーナーがあったのです。どの本も日本円にして一万円とか、それ以上の本。で、プー様写真集は、何冊かガラスケースから出てて手に取れるようになっているコーナーにおいてありました。

中身……うう、さすがに豪華ですな。ウェブに出回らなかったお宝ショット満載。当然、どれもこれもいい写真で、印刷も最高。本の状態は悪くはないものの、やや「使用感」あり。値段は5000ルーブル弱。ペテルブルクのひじょーに悪いレート換算で2万円そこそこってところでしょうか。思ったほど高くないし、買えない値段ではないところが悩ましい。しかし、私が持ってても持て余すのは目に見えていたので(笑)、悩んだ挙句、やっぱり買わないで帰ってきちゃいました。その代わり、カラー写真ページつきの最新プー様本は買いました(笑)。でもやっぱりこれも買えばよかったかな……コミケで転売したりして(笑)。

Puphotobook2 その後、ワシリエフスキー島の見本市でやってたブックフェアでも一度見かけました。こちらは値段は確認してないけど、ちょっと見、Bookvoedのものより状態はよさそう。

ペテルブルクで探したら、案外プー様写真集は出回っているのかも。

今、ロシアのビジネス事情は信じられないくらい良くなっちゃってるようなので、Bookvoedのサイトから申し込んだら普通に買えるんではないかと思います。サイトはさすがにロシア語だけど、まず間違いなく英語で問い合わせできるでしょう。速いもん勝ちだ! ダッシュでゴー!

Pumedvepascha ちなみに27日はロシアの復活祭(パスハ)。今年は春分の日と満月と日曜日が隣接してて、ほぼ最速で終わっちゃったカトリックの復活祭とはズレ過ぎなので現地に行くまで全然気づいてませんでしたorz  国営放送を始めとするTV局のいくつかは、夜中に復活祭儀式の生中継(正教の場合、午前の盛式ミサがメインになるカトリックとは違って、終夜祷がメイン行事なんで)。ペテルブルクのローカル局は、どうやらアレクサンドル・ネフスキー修道院からの中継の模様。国営放送はモスクワから生中継。でもあれはどこの聖堂だろう……? 新しい救世主キリスト聖堂かも。通常の正教の様式と違って、儀式をイコノスタシスの中でやってない(まあ生中継向きにそうしてるんだろうけど)。内陣の特別席にはプー様夫妻とメドベたん夫妻の姿が。正教式なので当然、ずっと立ちっぱなしで参列。直前に離婚・再婚報道騒動があったプー様ですが、もし本当にすでに離婚していたのならこの場には出られませんわな。

プー様Tシャツも買いました(笑)。これは『赤い星』の出版日程が決まったら読者プレゼントにします。そしたらまた予告します。

(2008年7月22日記)プー様Tシャツ、プレゼントします。詳しくはこちら

2008年4月29日 (火)

ペテルブルク幻覚

ペテルブルクから帰ってきました。

げ、幻覚かもしれん……

何故なら、とても現実とは思えないことになっていたから。

もうね、ロシア、少なくとも都市部は、「フツウの欧米諸国」になってしまいました。交通もイベントも何もかもかオンタイム、テレビはどこの局もCNNとかアンテヌ2みたいで、コマーシャルはえらく健康志向、トイレはどこに行ってもキレイ。友人の年金生活のお義母さんちのフルシチョフ時代のアパートにも、日本と変わりない品質のタオルやCMで見たことがあるジュース、輸入のビールなんかが普通にある。郊外には大型スーパー。露天で売ってる野菜は……くっ……うちの近所のスーパーで売ってるやつよりいい……

大型書店も見本市のブックフェアも見てきましたが、印刷・製本のレベルはもしかしたらフランス、イギリスより上になっちゃってるかも。前回(2005年11月)に大型書店に行った時も、印刷レベルは「低くはない」と思ったもんだけど、今は「スゴイ」ことになっている。ヘタすると日本の印刷物は負けるぞ。

そして! 恐ろしいことに! ストラーニクのパーティはすんごく上品化しちゃってたのだ! 「いつもの面子」だったのに全然「ロシアの飲み会」じゃなかったのだ! それにしても何かものすごく違和感がある。何でだろう……と考えていて、翌日ようやく気づいた。ウォッカが出ていなかったのだ! そういや出ていた飲み物はワインとシャンパン、コニャック少々、そしてミネラルウォーター。みんなお酒は「ちょっとたしなむ」程度で談笑し、いきなり抱きついてくる人とかキスしてくる人とか床に座り込む人とかガンガン酒を注いで来る人とか、もういないのよ。というかですね、雰囲気的にはSF大賞の授賞式よりも駐日大使館の大使臨席パーティのほうが近い。いや、駐日大使館のパーティは真っ昼間からウォッカが出てて、ちらっと見ただけなのにホイと渡されて飲まされちゃったりしたことを考えると、今やストラーニクのほうが気取ってるかも。

……………………。

おかしいなあ……

やっぱり幻覚のペテルブルクだったのかなあ……

26日、福田首相の訪露は、国営放送の朝のニュースではトップ扱いでした。次いで洞爺湖サミットの準備。幾つか国内ニュースをはさんで長野の聖火リレー。

レポート自体は追々書いて行きますが、まずは生存証明まで。

それにしても……本当に現実なのか……?

2008年4月21日 (月)

エルミタージュ妄想

ちょっと不安になってきました……

ああっ、全部、私の妄想だったらどうしよう(笑)。気がついたら病院のベッドの上で、枕元にいた医者が「おお、やっと気がついた。この新薬は効くなあ」とか言ってたら。助手が「大変でしたねえ。何しろレニングラードに行ったと思い始めた23年前からずっと引きこもりでしたからねえ」とか言ってたら。

って妹に言ったら「大丈夫だよ。妄想なのはペテルブルクだけだから。ロシア自体には行ってるんだよきっと」と言われた。

そう、ペテルブルクは妄想かもしんない(笑)。

ところで、ストラーニクの会場でもある宿泊場所オクチャーブリスカヤ・ホテルというのは、19世紀半ばにモスクワ駅の駅ホテルとして立てられた古いホテルなんだけど(さすがに内装はソ連時代、21世紀と改装している)、実はここ、ちょっと因縁があるのであった。

というのも、今、迷走している『赤い星』で、帝政時代ペテルブルク部分の主人公となる日本人ピアニスト龍太郎が、ペテルブルクに到着してすぐにここに泊まることになっているのであった。もちろん、2008年度のストラーニクの場所が決まるずっと前に書いたこと。龍太郎はヨーロッパ経由でペテルブルクに来るので、本当ならワルシャワ駅とかバルチスキー駅に着くんだけど、設定上の事情でモスクワ駅に着くことになっているのであった。

ね。運命というより、妄想っぽいでしょ。

平均気温は真冬の東京より寒く(さっきロシアの天気予報サイトを見に行ったら最低気温がまだマイナスだった……)、夜はすでに10時ごろまで明るく(そりゃあとひと月ちょっとで白夜になるんだし)、景色は春(多分)。夏と冬にしか行った事ないんで想像できない……。やっぱり妄想かなあ。ここもホテルの設備によっては更新するかもしれないけど、ロシアから更新してるという証拠ないしなあ。ガイコクなんてめったに行かないので、どうなることやら。

2008年4月17日 (木)

Hit and

run.

というわけで。

ロシア行き確定しました。飛行機も確保しました。ホテルバウチャーも受け取りました。「今、世界一厳しい」と言われるロシアのビザも今日、発給されました。もう逃げ場はありません(笑)。

実はまだ解決されてない問題はあるんですけど、とりあえず塁に出ちゃいます。かなり無理矢理っぽいし、実は緊急避難的に友人の力を借りまくって実現したので、全然「オマエの実力じゃないだろう?」って感じではあるのですが。

でもね~、問題が全て解決されるのを待っていたら永久にロシアにはたどり着けないからねえ……

いやしかし、いかにビザが取りにくいだの、招待状が発行されにくいだの言っても、一週間前になってようやく「確定」とか言いつつ個人でロシアに行けるようになったんだから、いい時代ですよ。

全然関係ない話ですが、今日、東京タワーの下で「ディズニーランド25周年記念仕様観光バス」を見ましたよ。デザイン自体は地味だけど、車体、特注か? すごいなあ。

2008年4月15日 (火)

【超駄】もしもスーパーマンが……

久しぶりに『スーパーマン』(リターンズじゃないやつ)のDVDを見たりしている。そういやクリストファー・リーブって、本当は金髪なんだけど、「パツキンのスーパーマンはなんかアホっぽいし、信用ならない感じがする」とのことで、髪を黒に染めてクラーク・ケント/スーパーマンを演じていたのよね。

確かに、あの衣装で、輝くような金髪で、顔がディカプリオなスーパーマンが空から降りてきたら「なんじゃこいつは?」と思ってしまう気がする。それで「悪を懲らしめる」とか言われてもなあ……と。

金髪が損、というネタでは、『キューティ・プロンド』なんていう映画がありましたね。アメリカじゃ男性も、選挙の時は金髪の候補者は損するそうな(もっとも、北欧じゃそんなこと言ってられないだろうけど)。うーん。そらまあ、そんなのはハリウッドスターネタで作られた単なるイメージに過ぎないと分かってはいるけど……でも正直、現実の生活でも、頼る相手が金髪碧眼系だと、心のどこかにちらっと「大丈夫か?」みたいな気持ちが起こったりするのですが……。あ、でも、女性が相手だとそういうことないなあ。なんでだろう? 多分、責任ある仕事をしている女性は、やっぱり金髪が損だということを知っていて、コンサバなファッションとかで気をつけているからかも。でも男性の場合、コンサバにも限界あるからなあ(短髪でスーツ、まで行ったら後がないし)。

まあ日常生活でもそんなだから、スーパーマンなんかは大変なわけで(何しろあの格好だし(笑))。映像を作る側としても、金髪の「作られたイメージ」に挑戦するより、もうクリストファー・リーブの髪を黒に染めちゃったほうがいいや~、と判断したのでしょうねえ。

「見た目」でどこまで判断するのかというのは奥の深い問題ではありますが……。でもさー、もしスーパーマンの頭が多色のモヒカンで顔がサルコジ大統領で体型が芋洗坂係長だったり、頭が弁髪で顔が小栗旬で体がシュワルツェネッガーだったら……? しかも衣装がゴスロリだったら? 80年代ソフトスーツだったら? それで空から降りてきて「お困りですか?」とか言われたら、「い、いえ、何でもないです……」とか言って逃げると思う……

やはし、クリストファー・リーブのクラーク・ケントは良いですのう。結局、そういうところに行き着いてしまうのでした。そんだけです。オチは無いです。

2008年4月10日 (木)

ものすごくどうでもいいけどめったやたらと気になること

ロシア大使館領事部のビザ受付窓口のそばにかかってる風景画、いつ見てもびみょ~~~に曲がってるのよね。何とかならんのか。

2008年4月 6日 (日)

スターリンの影武者

2_20080406k0000m030028002c ロシア:「スターリンの影武者」47歳下俳優が告白 化粧駆使、妻も知らず

【モスクワ大木俊治】3日付のロシア大衆紙コムソモリスカヤ・プラウダ(週刊版)は、ソ連時代の恐怖政治で知られるスターリン(1879~1953)の影武者だったとする人物のインタビュー記事を掲載した。1926年生まれの俳優フェリックス・ダダエフ氏で、スターリンより47歳年下にあたるが、メーキャップを駆使して年長の「独裁者」にふんしていたという。

影武者だったことはこれまで口外せず、妻子も知らなかった。スターリンの影武者だったとされる人物が死後に報じられた例はあったが、生存中に公表されたのは初めて。ただ影武者の存在を疑問視する声も強い。専門家は「ほとんど人前に姿を見せないスターリンに影武者は必要なかった」と指摘する。

キターーーーーー! コムソモリスカヤ・プラウダネタ、キターーーーーー!

そんなわけあるかい(笑)。1943年から、ってことは、スターリンが64歳の頃から、ってことだよね? 17歳から60代半ばのスターリン役かい(笑)。スターリン70歳の時、影武者は23歳かい(笑)。それだったら、「顔が似てる人」を起用するより、「年齢的に背格好が近い人」を採用するほうがばれない。

さすがコムソモリスカヤ・プラウダ。多分、突っ込まれることは承知でやってると思う。韮澤さん的世界と思えばいいのか。

それにしても、20年位前に舞台で岡田真澄が演じたスターリンは似てましたねえ。ソ連(当時)から来た演出家が「怖い」と言っていたそうな。でも、「ちょっとスターリンに似てる人」ってけっこういるよね(笑)。この間、病院に行く途中に総武線で見た(笑)。

2008年4月 5日 (土)

ロシア逝きます

多分。

そう宣言しておけば確実に行けるような気がするので、とりあえず。

4月24日~26日にペテルブルクで行われるストラーニク(ロシア幻想文学作家会議)に参加するつもりです。行ける、と信じてください……。そしたらここにもちょっと面白いネタが提供できると思うので、皆様もそう信じて応援してくらさい……お願いします。

ロシアにはウンザリしたんじゃなかったのかって?

いやいや、ウンザリしながら愛するのがロシアの醍醐味ですんで(笑)。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »