フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 沈没宣言 | トップページ | 1812年序曲@105mmキャノン砲(動画あり) »

2007年10月16日 (火)

おきらくごくらく!

最近、夫が妻に内緒でやったこと=「ウゴウゴルーガ不完全版DVDBox」を買った。

最近、妻が夫に内緒でやったこと=箱から出してテレビくんフィギュアを組み立てた。

すんごい下らない話ですね(笑)。すいません。はい。そういう家庭でございます。

そこいらへんにあったダンボールが気になって、中を見たらこれだったのだ。井上は「しばらく前からあったけど、気がつかなかったの?」と言うではないか。私が気がつかなかったら永久にそのまんまかい(笑)。まあ、ダンボールが増えてもなかなか気がつかない家庭環境はどうなのか、というツッコミはご容赦ください(笑)。

ちょっと見ましたが、いや~、ウゴウゴルーガ、なつかすぃ。何しろ『架空の王国』初期ヴァージョンと修論と『ムジカ・マキーナ』を書いていた頃だよ。その頃にはとうにベルリンの壁もソ連も無くなっていたのであった。でもそんなに昔のことのような気がしないのは、やっぱり私の時間感覚がぶっ壊れてるからでしょうか。ええそうでしょうとも。

さすがに朝っぱらから毎日見てたわけではなくて、録画して妹と一緒にまとめて見てたんだけど(というか、妹が、こういう番組があって面白いらしい、という情報を仕入れて来て、私は尻馬に乗って見ていた)、今確認してみると、けっこう初期の頃から見てましたねえ。93年の正月ヴァージョンとか覚えてるし。最初はあまりのテンポの速さと中身のバラバラさに「こりゃついてゆけない!」と思ったけど、わりとすぐに慣れて、それから一ヶ月もしないうちにCMやかったるいコーナー(「ノンタン」とか)を飛ばしながら見てたなあ。

当然っちゃ当然だけど、音楽がものすごく90年代前半テクノだ。なつかすぃ(笑)。ちらっと2Unlimitedの曲なんかも使ってますねえ。あああああ懐かしい。でもそんなに昔のことのような気がしないのは(以下略)。今私を追い詰めている長編(の一部)は、90年からこの頃まで何度もトライしてザセツしてたんだよなあ。構想し始めた頃にロープシンの『蒼ざめた馬』を読んで、ついに実行に至ったきっかけが去年ロシア・ソビエト映画祭で上映されたこれの映画版(『死という名の騎士』)で、その直後にまたウゴウゴルーガが出現したというのは妙に因縁めいてますねえ。ワタシ的には。すごくヘンな取り合わせかもしれないけど、私の中では整合してます(笑)。今度こそ全うしないとなあ。

というわけで、ちょっとずつ見ながら当時の志(?)を新たにしつつ……とか、御託は要りませんね、はい、分かってます、仕事に戻ります。それにしても90年代前半テクノ(以下略)

« 沈没宣言 | トップページ | 1812年序曲@105mmキャノン砲(動画あり) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。