フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

結婚記念日

だったのでした。昨日は。五回目です。

なのに漫然とゲキレンジャーの日記を書いてしまった自分のバカバカバカ……orz

二人で近所の焼酎専門店に行き、紫芋の焼酎を飲んだり佐賀牛のたたきやアジの開き、蒸し野菜などを食らいつつ、えすえふたいかいがあ~、えすえふたいかいがあ~、と私が悶絶し、井上が生暖かく見守るといういつもの構図。だってえすえふたいかいがあ~! えすえふたいかい、ゲスト予定者は来る気満々ですが、まだ幾つか問題が残ってまして……解決を図るためについに最後の呪文を唱えてしまったので、これがダメだともう後が無いです。考えると頭痛いです。えすえふたいかいが……ああっ、えすえふえすえふと連呼するなああ~(沈没)!

結婚記念日だといったら、お店の人がコーヒーをサービスしてくれた。

帰りにコンビニでソルマックを買ったり、夜のお散歩中のワンコを触ったりして帰宅。

ま、これからもこんな感じでやってゆくことでしょう。とりあえず問題はえすえふたいかいですかねえ……

2007年5月30日 (水)

ヤラレました……

私はゲキレンジャーは見てないんですが……

ゲキレンジャーにもはしかが直撃

 映画「仮面ライダー電王 俺、誕生!」「獣拳戦隊 ゲキレンジャー ネイネイ!ホウホウ! 香港大決戦」(8月4日公開)の製作発表会見が29日、都内で行われた。 ゲキレンジャー」に出演している荒木宏文(23)は、はしかで欠席した。

敵の首領がいきなりやられてしまいました。はしか、本当に流行ってるのね……

2007年5月29日 (火)

Gere curam mei finis...

28日 松岡農相自殺

28日 ZARDのヴォーカル、坂井泉水さん事故死

などと、リンクを貼る必要さえないほどの周知のニュース。しかも、瀕死の松岡農相が搬送されたのが、坂井さんが入院してた病院。医者も一般患者も大変だったことでしょう……。そういやあそこって、昔、石原裕次郎や田中角栄が入院してた病院だよね。都心の大学病院って大変だなあ。最近、スタバが敷地内にできた様子。関係ないけど。

バレたら首くくらなきゃならないほどのこのとを、それでもやってた、ってことでよろしいでしょうか……。答えは聞いてないけど。

そんなにいらない命なら彼女にやってくれ。

珍しくモーツァルトのレクイエムを聴いたりする。風邪を引いて喉が腫れまくり、熱が出た時くらいしか聴きたくならない曲。まあこの間熱が出たので、そのせいで聴きたい周期に入っただけだけど。

去年出たティーレマンのモツレク、正直、orzです。硬い……。せめてもっとカンタービレにしようよ……。「例の箇所」の発音はもろに「セド・。シグニフェル・ザンクトゥス・ミヒャエル」でした。ううむ……。やっぱり、こだわりがあってやっていると解釈してよいのでしょうか。

なんか、コレダ! といういいCDないでしようか? お心当たりのある方、ご一報ください~。

2007年5月27日 (日)

電王とかロシア大使館とか柳下美恵とか

「変わっちゃうのよね。みんな、同じところにはいられないから。でも、『覚えていること』は確かだから、由香ちゃんが忘れなければ、それは無くならないわ」

とか、だ いたいそんなセリフであったかと。以上、「今日の電王」でした。最近、「そっち方面」はおとなしめかなっと。

ああ、でも、「覚えていること」は本当に「確か」なのか。都合の悪いことをキモチよく忘れちゃってる時もあるし、他の人は誰も覚えてさえないほど「どうでもいい」ことなのに、自分の中だけで「ああなんであんなことやっちゃったんだ自分のバカバカバカ~!」と、悪い意味づけでどんどん肥大してゆく記憶もあるし。でもやっぱり、あの日あの時ウェンブリーでトレヴァー・ホーンが『ラジオスターの悲劇』を歌ったその場所に居合わせた記憶は一生ものなのであった。

確かに、「記憶」というのは一種の生命だなあと思うことです。そういや「人は二度死ぬという。一度目は肉体の死。二度目は、忘れ去られる時」なんていうカッコよさげな言葉があったりしますね。その伝でいけば「一度しか死なない人」というのがいたりします。そう、作品が不朽の古典として残っている人だ。トルストイとかね。中にはバッハのように「生き返る」人も。羨ましいといえば羨ましいけど、ここまでメジャーになっちゃうと、下書きや日記や家族の手紙までほじくり返されて微に入り細を穿って詮索されまくっちゃうのだから大変である。そんでもってこんな本まで出されちゃったりするのだ>ふみ子デイヴィス著『トルストイ家の箱舟』(群像社)。でもってロシア大使館で出版記念パーティなんかもやられちゃったりするのだ。というわけで昨日、我輩もロシア侵略の陰謀を遂行するため、同志大野典宏とともに大使館内に潜入を試みたのであります! 今さら『ケロロ軍曹』ネタで申し訳ないのであります!

ちなみにこの日は井上は別件で千葉へ。サイレント映画伴奏者の柳下美恵さんが日本ペンクラブ奨励賞を受賞して、その記念公演があったのでした。遅ればせながら、柳下さん、おめでとうございます(そのスジの人向けの情報:柳下美恵さんって、かの柳下毅一郎さんの奥さんです)。

200705262_5 200705261_1 200705263_2 著者のふみ子デイヴィスさんは現在シンガポール在住、一流企業勤務を経て、現在は著述、翻訳、陶磁器絵付け、ロシア伝統芸術の細密画塗り(パピエ・マシェ・ミニアチュール)のアーティスト、NOBBY ART ギャラリーを主宰・経営、と多方面で活躍する、ちょっと腰の引けちゃうような才女。ふーん。そういう人って本当にいるもんだなあ……、と、小説書き以外に能がない我輩はただ感心するのみなのであります。その「能」にもツッコミを入れないでいただきたいのであります。ぐっすし。

200705264 上の写真は左が著者のふみ子デイヴィスさん、中がベールイ大使。右が栗原小巻さん。同志大野のところにも写真あり。せっかくなのでこっちもみ~は~写真でも追加しますかね(笑)。高野、ガルージン公使、大野です。

後半は何故か「こっち方面」の人たちと集まって、ウォッカを飲みつつワールドコンの画策。中国SF企画はもうスポンサーが決まっている、との一言が胸にイタイ。さらに六本木のスタバで無駄なアドレナリンを出しながらやはりワールドコンの話。ウォッカとアドレナリンが切れるとハンパじゃなく虚脱し、火鍋を食いに行こう!と一人だけアドレナリンが持続しているK氏の後には誰もついていかないのであった……

まあいろいろ盛りだくさん過ぎて、我輩は帰ってから熱が出て寝込んだのであります。ワールドコン、あと三ヶ月しかないよ……

2007年5月24日 (木)

土浦ツェッペリンカレー

Photo_retort01 いやあ、もうタイトルだけでお腹一杯って感じですが(笑)。この取り合わせは一体どうしたことか。何しろ土浦にツェッペリンにカレーだよ? しかしロバート・プラントがどうの、という話ではありませんので念のため。

土浦ツェッペリンカレーとは、最近土浦商工会議所が売り出してるシロモノでございます。リンク先によれば「1929年(昭和4年)ドイツの大型飛行船ツェッペリン伯号が、人類初の飛行船による世界一周を成し遂げました。(中略)このツェッペリン伯号が、世界一周の途中、初めて降り立ったのが当時の霞ヶ浦海軍航空隊(現在の霞ヶ浦駐屯地の一角)でした。(中略)土浦では、当時飛来したツェッペリン伯号の乗組員たちに、地元右籾(みぎもみ)産のジャガイモを入れたカレーを振る舞って歓迎した話が残っています。「土浦ツェッペリンカレー」は、このツェッペリン伯号ゆかりのカレーを土浦商工会議所女性会が現代風にアレンジして再現したもので(後略)」だそうで。そう、土浦ってさー、いまだにツェッペリン号が来たことを自慢してるのよね。私が中学生くらいの頃だったかににわかにそれをネタにし始め、水前寺清子が歌った「ツェッペリン音頭」なんていう曲もあったのだ! 検索しても出てこないところがなおさらスゴイ。土浦の黒歴史である。

「土浦ツェッペリンカレー」何がすごいかって、まずパッケージがムダにカッコイイところでしょうか。すげえドイツっぽいし。トレヴァー・ホーンのファンとしては、当然、プロパガンダのジャケを思い出すわけですよ(笑)。で中身はと言うと、フツウに美味しいです。スパイスは効いているけど甘みがあるというかけっこう甘い。スパイス+甘みなのかな。「ためしてガッテン!」でやってた「カレーに砂糖で甘みをつけると、スパイスの味が引き立ってよりオイシイ」てのを実践してみました的な。

さらに何がスゴイって、今どきネットで手に入らないレアさでしょうか。昨日ちょっと実家に行ったんで友達の分も買ってきたけど、やっぱ重いわ(汗)。是非ネットで売ってくらさい。

どうでもええねんけど、「霞ヶ浦が飛行船の寄港地に選ばれたのは、第一次大戦で日本が戦利品としてドイツから持ってきた巨大な飛行船の格納庫があったこと云々」というのがスゴイ。いやあ、何が幸いするか分かんないっすね。っていうか、過去に因縁はあったけど、それを友好につなげていったというのがいいよね。どことどこの政府とは言わんけど、見習っておくんなさいよ、ホンマに。

そういや、土浦の振興を図りたい、土浦を宣伝したい、というのだったら、土浦の外で手に入るようにしないとダメなんじゃないだろうか(特にネットで)。これもパブリック・ディプロマシーの失敗例と言えるかもしれん……

2007年5月22日 (火)

日刊ココログガイド

そういや先週、日刊ココログガイドでここが紹介されたのであった。

こんな具合で。

Cocologguide20070517 でもですね、ここから来た人なんてほとんどいないよーん。正直、私自身、今回リンクされて初めて日刊ココログガイドの存在を知ったのであった。

まーリンクとかトラバとか紹介とかって、所詮そんなもんすよ。でもね、それでもええねん。地味でちまちました努力をしていればたまには人の役に立つこともあるし、さらにたまにはいいことだってあるのだ。

トレヴァー・ホーンのDVDが日本でだけ出る、とかね。

2007年5月20日 (日)

ローテク in the UK

裁判官が「ウェブサイトって何ですか?」……裁判停滞

[ロンドン 17日 ロイター] 水曜日、インターネット上でのテロ行為容疑で告訴された3名の男性の裁判が行われたが、裁判官が「ウェブサイト」というものが何かよく分かっていなかったため、判決に至らないというハプニングが起きた。法廷でイスラム過激派のウェブ・フォーラムを見た参考人が証言していたところ、ピーター・オープンショー裁判官(59)は突然こんなことを言い出したという。「いや、問題は私がその言葉の意味を知らないということだ。ウェブサイトというものが何か私には全く分からない」。このためマーク・エリソン検事がウェブサイト、フォーラムとは何かについて説明を行ったにもかかわらず、「まだ私にはその概念がよく分からない」とオープンショー裁判官。

スゴイスゴイスゴ過ぎだ英国裁判所。最近はヤバいニュースとかコワいニュースはいくらでもあるけど、これって最も単純に「驚いた」ニュースだ。まだ59歳でしょー? 驚き過ぎですよホントに。まあ確かに、「ウェブサイトとは何かについて正確に定義し、説明しなさい」みたいに言われたら私も困るけど、でもさ~……

ネットと言えば、スウェーデンは今月30日にセカンドライフに「仮想大使館」を設置して、オープニングセレモニーにはビルト外相のアバターも出席するそうで。やっぱりこういう「ネット上での少しずつの努力」って大事だと思うなあ。そこまでいかなくても、リアル大使館のサイトくらい更新しようよ~大使のプロフィールも更新しようよ~どこの国とは言わないけどさ~。パブリック・ディプロマシーのカケラもねえ。見ててイライラするよホントに。責任者出て来い!

まあそれはともかく。英国の裁判、どうなるんすかねえ。裁判官って取り替えたりしないものなんだろうか。続報があることを祈る。

2007年5月17日 (木)

肉、ビール、そしてシュヴァンクマイエル(恣意的)

チェコのイメージと言えばなんと言ってもガラスとかビーズでしょうかね。で、ビール、ビール、ビール、肉、そしてシュヴァンクマイエル。ルドルフ二世、アルチンボルド、ゴーレム伝説、機械仕掛けのあれとかこれとか、不気味かわいい人形アニメ、骨の教会。はっきり言ってむちゃくちゃ偏ってます。良い子は真似をしないで下さい。

というわけで(どういうわけだあー!)、先週末、渋谷のチェコ料理屋anoの二階にギャラリーができて、そのオープニング・パーティをするというんで井上にくっついて行く。

レストランもギャラリーもこじんまりしている、というか、正直、狭い!と思わんでもない。が、こういう古い物件を無理矢理店舗として改造してあるお店って、結果として妙に生々しくヨーロッパっぽかったりするので、なかなか良い。昔こういうお店、原宿とか青山とかに多かったよね。ほら、そこの80年代を知っているあなた! だいたいどういう感じか分かるでしょ~(笑)。

パーティに来ていたのはギャラリーの関係者の他、チェコ協会の人とか、アート系の人とか。ギャラリーにはチェコ関係の本とか、チェコ・アニメ関連グッズとか、ビーズのチェコ屋のアンティーク・アクセサリーを展示即売するコーナーもある。

Rada 後半にはアンサンブルRada(ラーダ)が登場してミニライヴ。RadaはリーダーのAlanさんがチェコ&日本のお血筋なのだそうで。Alanさんのオリジナル曲も披露。

その後アンティークのボタンはケースから出して見せてもらったけど高くて買えずorz いや、相場としては高いわけじゃないんですが……個人的にね。最近ネットオークションで激安い帯とか着物とかばかり見てるんで、目が安いほうに慣れちゃってて……。他では買えないようなヴィンテージのアクセサリーやボタンがあるので、ビーズ関係としちゃ超穴場です。そのスジの方は是非買いに行ってください。

ギャラリーはチェコ関係じゃなくてもフツウにレンタルしてくれます。渋谷、青山地域としては格安らしいよん。展示会したい人は要チェックかもだよ。

で、チェコ関係耳寄りな情報。8月末にシュヴァンクマイエル来日予定だそうです。何かそれなりにイベントもあるはずなので、情報が入り次第お知らせします。しかし……えすえふわーるどこんと重なるいや~んな予感。そうなりませんように~。

チェコと言えば最近、デイリーポータルZの大塚幸代さんがシュヴァンクマイエルと会って以来チェコにハマったそうで、ついに行ってきちゃったとかですごくおもしろいレポートを書いてます(バックナンバーはここのリンクから行ってくらさい。ものぐさですんません)。うわー。こりゃ行ってみたくなりますわ。チェコと言えばやっぱりビールと肉とシュヴァンクマイエルですなあ。人口一千万ほどでこの濃ゆさは一体どうしたことか。大変なことですよ。良い子は絶対に真似をしないで下さい。

2007年5月10日 (木)

【駄】さらに怪しい「あの街」

大変なことになった。

下記の「ふみお市」どころではなく怪しい都市があったのだ。あまりにも危険なネタであるため、街の名は伏せるが、私の友人の都市である。

K市
人口【総人口】5,784人 【世帯数】4,395
【男性】3,048人 【女性】2,736人 
各種
データ

面積2027平方km / 人口密度2人/平方km
市民の平均所得513万円 / 昨年出生数53人 死亡数14
平均寿命69.2歳 / 失業率3.3% / 名産品Kまんじゅう
市の花ポインセチア 市の鳥ペリカン
1日の救急車出動数69回 / 下水道普及率81.7%
発生事件ベスト3ストーカー行為 電話線ドロ 置き引き

住民
の声
  • 漁港42個は多すぎじゃ・・・(20歳 司法書士)
  • 土地転がしの件は傑作だったよ(51歳 雀士)
  • 公衆電話の匂いなんとかなりませんかね?(38歳 格闘家)
音頭
K音頭
金に泣かされ身内を蹴る サテ
ファンクでオートなスクールシティ
巻いて剃られてゴミ出して ホイ
爽やかな雰囲気溢れる街
ズイズイズズズイ
世話好きな人出て行った
ズイズイズズズイ
やっぱあの道おぞましくね?
K音頭でチョチョイノチョイ
K音頭でララライライ

あの広すぎるモスクワの面積が994.8平方km、それより広すぎるふみお市が1463平方kmであることと比べると、もはやK市は「市」ではなく「県」に近い。茨城県の面積が6095.68平方kmとすると、その三分の一を占めるほどだ。

しかも人口密度は2人……。総人口が5784人なのに、世帯数が4398戸。ほとんどが独居である。そうなると出生率が低いのはまあ分かるとして、死亡率のこの異様な低さはどうしたことか。

なんか怪しいな……

若干20歳にして司法書士の資格を持つ有能な若者がいぶかしがるほどの漁港の多さ。土地取引に関する何やら良くない噂をうかがわせる発言、公衆電話に立ち込める異様な匂い……

海……

も、もしかしてこれはアレじゃないだろうか……?

そう、K市はごく最近、ほとんど人の住んでいない近隣の市町村と合併しまくり、市名変更をしたのだ! 漁港と引きこもった住人たちの街。こっそりとつきまとう犯罪。音頭に歌われた「爽やかな雰囲気溢れる街」なんて上っ面の嘘っぱちである。本当のところは、世話好きな人たちは出て行き、おぞましい道がある、それがK市だ……

その道は言うまでもなく、海へとつながっている。

死亡率も低いはずだ。住民たちは年をとると、自ら海へ帰り、永遠の生命を享受するのだから。

市名変更をする前のK市の名、それはもちろん、「インスマウス」に決まっているではないか!

当然、「住民の声」は、そんな過去を知らない新規の住民の声である。古い住民は街については語らないからだ。

恐るべし都市データ。それはその街の現在だけではなく、忌まわしい秘密とその過去までをも物語ってしまうのであった。

【駄】データに見る都市の現状

流行という意味では遅れてるかもしれないが、「都市メーカー」をやってみる。

ふみお市

人口【総人口】27,670人 【世帯数】15,771
【男性】7,961人 【女性】19,709人 
各種
データ
面積1463平方km / 人口密度18人/平方km
市民の平均所得1369万円 / 昨年出生数386人 死亡数341
平均寿命85.3歳 / 失業率3.6% / 名産品ドスケベオトメ
市の花ミヤギノハギ 市の鳥トキ
1日の救急車出動数55回 / 下水道普及率87.8%
発生事件ベスト3万引き 携帯料金滞納 結婚詐欺
住民
の声
  • パイ投げの件はどーなってるの?(41歳 外交官)
  • もっと手数料を照らしてほしいゾ(53歳 フィギュアスケート)
  • 怖いくらい巨乳が多い(32歳 AV女優)
音頭
ふみお音頭
ガソリンと酒の匂い ソイヤ
キュートでアートなオーケーシティ
あの海あの影あの時計台 サテ
にゃんこが人に会釈する街
ねっとりユー!がっつりOK!
うそ泣き地蔵にみな祈る
ねっとりユー!がっつりOK!
まちを牛耳るけん玉工場
ふみお音頭でピロートーク
ふみお音頭でヒュールリラ

あの広すぎて気が狂いそうなモスクワの面積が994,8平方km、人口密度が900人であることを考えると、ふみお市、広すぎである。おかげで人口密度は18人、ウルグアイやセントヘレナ島(英領)、赤道ギニア、ソロモン諸島並みである。これはやはり、広大な市の一角に人口が集中していると考えるのが自然であろう。居住できる地域の少ない、厳しい自然環境なのかもしれない。

何と言っても音頭がサイテー(笑)。でも「にゃんこが人に会釈する街」はいいかな。だがそんなことを問題にしている場合ではない。住民における女性比と平均所得の高さが普通ではない。そしてAV女優が驚くほど巨乳ちゃんが多く、頻発する犯罪が「結婚詐欺」って……? 最初は「高所得の男たちを狙って巨乳の女の子たちが流入し、結婚詐欺が横行する市」を想像したが、それにしても何かヘンだ。

……。

いや、分かった。

そう、ここは街全体が遊郭なのだ!

所得額から言って、岡場所ではない。吉原のような格式を持った遊郭であるのは間違いない(もちろん、花魁の所得ということになってはいるが、実際には楼主に吸い上げられるわけだが)。全国から選りすぐりの少女達が売られ、かどわかされてくるわけだから、そりゃあAV女優も驚く巨乳率であろう(彼女は最近引っ越してきたものと思われる)。50代になってもフィギュアスケートのプロをしている人もいるので、さぞかし多様な「趣味趣向」に対応できるようになっているのであろう。紋日にはパイ投げのようなイベントも行われるが、そういう時にお大尽客が来てくれないと花魁は借財を抱えることとなり、どうりでケータイ料金の滞納が発生するはずである。結婚詐欺というのはアレですね、いわゆる三枚起請ってやつですね。遊郭での手練手管をいちいち犯罪として立件するのも野暮な話である。ふみお市当局はいっさい関知しないので、そのつもりでいらしていただきたい。

街を牛耳っているのはもちろん大見世の楼主だが、表向きはけん玉などの無難な民芸品製造業ということになっているのであろう。花魁たちはうそ泣き地蔵に祈りながら、気晴らしに小間物屋などで万引きなどしているのである。ああ、哀愁のふみお市。遊郭で遊んだ後は名物のドスケベオトメなどもお買い求めください。まあ、トチオトメみたいなもんですよ、多分(笑)。

何となくムカつくので(笑)、オットの都市も勝手に作ってみる。

とーる市

人口【総人口】709,872人 【世帯数】340,738
【男性】370,696人 【女性】339,176人 
各種
データ
面積128平方km / 人口密度5545人/平方km
市民の平均所得461万円 / 昨年出生数1,269人 死亡数12,598
平均寿命75.1歳 / 失業率5.3% / 名産品フタリデプリン
市の花デイジーヒナギク 市の鳥ツル
1日の救急車出動数86回 / 下水道普及率54.9%
発生事件ベスト3自転車泥棒 電話線ドロ 近隣トラブル
住民
の声
  • 美味くて安い牛丼屋はどこですか?(38歳 劇作家)
  • この街は付き合い減ったんです(41歳 漁師)
  • マンホールの件なんとかなりませんかね?(45歳 Gデザイナー)
音頭
とーる音頭
コンソメと服の匂い ドシタ
醜い雰囲気溢れる街
呼んで抱かれて掃除して サテ
ピチピチが多い街
ノーセクシー ノーシティ
最近調子悪いのは全て市長のせい
ノーセクシー ノーシティ
アノ力士もウチ出身
シャキッと押しこみゃとーる音頭
シャキッと手伝ゃとーる音頭

ものすごい人口密度である。……と思ったが、東京都23区の人口密度が約13000人、パリ20区が約25000人だそうだ。うそだあーーーー!!!!!! パリってもっと空いてる気がするけどなあ。あ、東京は「住んでないけど居る人」が多いのか。パリはブーローニュ、ヴァンセンヌ含めた面積で約105平方kmってことは、面積的にはパリよりちょっと広くて、人口密度がロンドンよりちょっと空いてる感じだろうか。……。なんだ、住みやすそうじゃないか。

しかしこの死亡率の高さと下水道普及率の低さは一体どうしたことか。それでもマンホールの件が問題にされるということは、普及率だけではなく、管理も行き届かないということであろう。下水道の整備が悪いので疫病が流行り、死亡率が高いのかもしれない。そうか、そりゃあ調子が悪いのも市長のせいであろう。何ということか。

しかし何よりも気になるのは、音頭に「呼んで抱かれて掃除して サテ ピチピチが多い街」と歌われていることだ。……もしかして、メイドさんデリバリー・サービスが盛んなのだろうか……? 何しろ「セクシーじゃなきゃ街じゃない」んでしょ? スゴ過ぎですよ。

というわけで、データというのは馬鹿にならないものである。たったこれだけで街の概要が暴かれてしまう、案外恐ろしいものなのである。皆さんも是非、自分の市を検証してみていただきたい。きっと落ち込むこと請け合いです……

2007年5月 9日 (水)

おフランスでシェーざます!

サルコジかあ……次期大統領……orz

ガリア時代から今日に至るまで、もっともあからさまにアメリカloveな大統領かあ……

ほとんどFNが当選したといっても過言ではないサルコジ……

パリ市長時代、日本のテレビ局が働きかけたわけでもなくでもないのに「アメリカ横断ウルトラクイズ」をパリに誘致したシラク大統領の次がサルコジかあ……

まあシラクだって日本ヲタだからといって日本寄りの政策を取ったわけでも何でもないので、サルコジだって、「ちゃんとした外交」さえやってくれれば渋さもわびさびも分かんなくって別に結構なんだが、「分かってない人」を相手にするのって気分悪いぜ。

政府が気に入らなければバリケード築いて市街戦をするのがおフランスの「伝統」。今やその伝統を受け継いでいるのは主に移民なのであった(笑)。

はー。

もう寝ようっと。

2007年5月 5日 (土)

鬼太郎カフェ

おおお、「鬼太郎」ってちゃんと変換の選択肢に入ってるのね。「錦之助」は無いのに。 恐るべし鬼太郎。

いわゆる一つのGWってやつですか世の中は。うちは歩いていける範囲と電車で10分以内のところ以外、どっこにも行ってませ~ん。イベントらしいイベントと言えば、3日に友人とサンシャイン60展望台の鬼太郎カフェに行ったことくらいでしょうか。その程度でイベントかよというツッコミはどうかご容赦くださいしくしく。

まあ常設の展望台カフェにそれ系のメニューが加わったというだけの話ではあるんですが。それでも、それなりにええお年の女二人で、一日50個限定の「目玉のおやじゼリー」を目当てに午前中からダッシュするというバカっぷり。それにしてもすげえ人出だぜサンシャイン60。半分以上は子供づれ。 子供連れて混んでるところに来る親御さんたちは大変ですぜ。

Kitarocafe しかし……「目玉のおやじゼリー」は目の前でソールドアウトorz まあしょーがないので、「鬼太郎ファミリー・サンデー」と「一反木綿牛乳カン」を注文して友人と山分け。前者は美味しかったが後者がイマイチであった。ちょっと高くなってもいいから杏仁豆腐で作って欲しかったよう。

これがそのブツ。 窓の外は高いところから見下ろしたお江戸。

それにしても高いぜサンシャイン60。実は展望台に登ったのは初めてなのでした。そうか、こんななのか。そして地平線の彼方まで建物が広がるお江戸……。地震が来てお江戸が瓦礫の山と化したら、ホント逃げ場がないな……。と、休日の見晴らしのいい展望台で暗いことを考えるワタシ(笑)。

シッョプはあーまーりーにも人がい過ぎたので何も買わないで帰ってきてしまいましたorz 

ただそんだけです。誰か「目玉のおやじゼリー」げっちゅ~に成功された方がいらっしゃいましたら、是非、レポートしておくんなさいまし。

2007年5月 3日 (木)

Lovefield(トレヴァー・ホーン落穂拾い)

え、「例のイベント」についての報告は無いのかって? 無いです(笑)。もうね、オペラのチョイ役とかソリストのうちの一人とかだったらやってみたいけど、一人で歌うのなんかもう二度と引き受けないことですよ。ははは。それてもなおかつ来て下さった皆様、特にSFセミナーとハシゴして下さった方々、ありがとうございました。MIBに記憶を消してもらってください……

まあそれはともかく。

41cgmtz1grl_aa240_ いつもココロにトレヴァー・ホーンを、というわけで、検索しててこんなものを発見。

Lovefieldという、Norman LeveneとAndrew Pearceの二人組みのユニットらしきもののデビュー・アルバム……のようだ。2003年のCDだけど、その後新譜は出てないし、もうLovefieldの公式サイトも無くなっちゃってるので情報がないのであった。

で、しょうがないので早速聴いてみる。

おおっ、私、これ案外好きだわ。トレヴァー先生のとこだけじゃなくて、全体通して何度か聴いちゃったよ。「英国の良質なエレクトロ・ポップ」とかいう感じでしょうか。これだけで終わっちゃったなんてもったいない。

トレヴァー先生はこの中の3曲、VividとBeast、King of universeをプロデュース。VividとBeastは、よーく聴けばトレヴァー先生技に満ち溢れていて、ファンにとっては「らしい」と思えるけど、特に「コレダ!」というほどでもなく……。しかしKing of universeがすごくいい。この一曲のために買ってよかった、と思ったね。ちょっと笑っちゃうようなチープ&ゴージャスな3拍子の曲で、ロビン・ウィリアズのMirror songとか、トム・ジョーンズのIf I only knewとかの路線。これは曲自体もこのアルバムの中で一番いいのでは。

しかし惜しいのは、このアルバム、なんちうか、こんなにいいのに「いまいち」という矛盾。何て言うんだろう……曲も詩もきれい、サウンド作りも(トレヴァー先生部分じゃなくても)とてもいい、ヴォーカルも上手い……んだけど、うーんうーん、何と言うか……聴き手の気持ちに喰らいついてくるようなところがないというか。イレイジャーあたりとちょっとキャラかぶりなユニットだけど、イレイジャーのように「ちっ、チープなポップスなのに喜ばされちまったぜ!」みたいなところがない。きれいであることを目指し過ぎて、なんか「伝わってこない」というか……

もったいないっちゃもったいないけど、それじゃ自分がファンとして支援したくなるかというと、それほどじゃないんだよなあ。日本のアマゾンではけっこうなお値段がついちゃってるけど、アマゾンUKのマーケットプレイスじゃむっちゃ在庫がだぶついてて、私が買ったのなんて0.15ポンドですぜ! 0.15ポンドって、もうすでに「価格」じゃないよね……。誤差とか、為替変動の端数とか、そんな感じ……みんな手放しちゃってるのね……

しかしトレヴァー先生のこんなお仕事、知らなかった……。どうしても色ものヒットメーカーの成功者というイメージがつきといがちなトレヴァー先生ですが(何しろFGTHにt.A.T.u.だしねえ……)、実はこういう「良質だけど報われない仕事」がすごーく多いのですよ。発掘すればもっといろいろ出てくるんだろうなあ。とりあえず今回はこれが出てきただけでもよしとしよう……。

実はまだトレヴァー先生落穂拾いのネタはあるのであった。でもまだブツが届かないよう。もうそろそろ文句を言ったほうがいいのかなあ……。届いたらまたレポートします。

あ、それから、例の件については基本、スルーの方向でお願いします……orz

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »