フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

スターリン・ブランド

ロシアのフラトコフ首相が来日してたんだけど、誰も話題にしとらんね。我々シロートは仕方がないとしても、ほとんど報道されてないってのはどないやねん。核とかサハリン2とか、ものすごく大きい話が(多少は)進んでいる(はず)なのに……

そういやロシアって、40代で閣僚や大使になっちゃう人も珍しくないというか、国のトップはそういう経歴で来た人たちばかりで出来てるんで(いわゆるエリート層であっても飲みすぎ系で寿命を縮めてる人が多いから、という説もありますが(笑))、なんか、日本の政治家はそういう人々を相手にして同じ土俵で交渉ができるんだろうか、とか考えちゃうんですけど。サハリン2関係とか丸め込まれてる悪寒。

ところで。

20070210 写真撮るだけと撮っといてまだupしてなかったんですが、この間井上がモスクワで買ってきたチョコレートの箱の裏が……

ロシア語部分は「ソヴィエトの国のキャプテンが、我々を勝利から勝利へと導く」だそうです。

めっちゃ観光資源化してますねえ(笑)。90年代にはすでに「ソ連」はロシアの資本主義を支える重要な観光資源でしたけど、最近はついにスターリンも観光資源化。つーかネタ化というかキャラ化というか、ブランド化というか(笑)。まさかソ連とかレーニンとかスターリンで金儲けすることになろうとは、ソ連時代に考えた人は一人もいな……いや、2、300人はいたかもだ(笑)。

うちには「ソ連Tシャツ」もあるんだけど、思想的にどうとかじゃなくて、何と言うか、ネタ過ぎて着られないんだよなあ。すんません、と、誰に言うともなく言って死蔵しているのであった。今年の夏も着ないだろうなあ。寝間着にしちゃおうかな。

で、肝心のチョコレートの中身はというと……実はまだ食べてなかったりする。以前ナッツ入りのチョコレートをしばらく放置して大変な目に遭ったので(羽虫が発生。加工の段階でそういうことになったと思われ。まあ羽化する前に食っても卵は食っちゃってることになるけど)、早く食べたほうがよいかと思われますが……

なんか、ロシアが好きなのか恨みがあるのか分かんない日記ばっかり書いてる気がしますねっ! 気がするだけじゃないか(笑)。

2007年2月25日 (日)

病院ネタ・デススパイラル

ふ~。

帰ってきました。

実は入院してました。

とはいえ、去年の今頃のアレみたいに緊急入院だったわけじゃなくて、計画的に入院したのですが(ものすごく展開速かったけど)。いや~、以前にも二回、同じ手術してるんですが、ちょっとね~、右手に良性腫瘍がございまして……。とりあえず、取れました。後遺症には悩まされるかもしれないけど、さすがに多分今回でいい加減終わりだ……と思いたい。

とにかくさ~、生まれてこの方こんなイタイ目に遭ったことが無い、というくらい痛かったので、摘出した今となっては、術創の痛みなんか屁でもねーや、って感じ。でも執筆は遅れまくりですorz 

今回は去年の入院の時ほどすごいネタはないなあ。手術中に執刀医と「オレって隠れ糖尿病でさ~」とかいう話をしたということくらいかなあ。

まあ今年はこれで厄払いかな、と思っていたら……

退院したとたん、私の唯一の銀歯が取れましたorz

歯茎もきれいだし、虫歯っぽくもないし、衝撃も加えてなかったけど、なんか銀歯の中で割れた様子。もともとこの歯、イミフに根っこが割れたりしてナゾのトラブルが多い歯だったけどねえ……。今度は歯医者だよ。

細部で改造人間化絶賛進行中。何なんだ今年は。

2007年2月11日 (日)

セックスvsファッション、どっちがいい?

セックスvsファッション、どっちがいい?

消費者製品企業の最大手、ユニリーバがアメリカの都市10ヶ所において計約1,000人の女性を対象にアンケートを行った。その結果、自分の洋服ダンスの中にある服を一式新調する機会を与えられたら、15ヶ月間、セックスを断つのもいとわないという答えが概して見られた。更にそのうち2%は、新しい服を手に入れるためにはセックスを3年間断つことも可能、と解答した。

 対象となった女性の61%はセックスを1ヶ月断つよりも、お気に入りの服を一枚手放す方が辛いと答えた。

正直私は、ジェンダー論をつきつめる、みたいな気概は全然無いヒトなんですが(すいません)。

しかし、これほど男性とかみ合わなかった話題は無いかも。特に、自他共に認める「いかにもな男性脳、いかにもな男性的発想の持ち主」である友人とは、お互い誠心誠意論を尽くしたけど理解には達しなかった。

いや~、だってさ~、ファッションって、「代替手段」が無いじゃん(笑)。

って言っても、女同士だと「まあね~」「そりゃあねえ」と生暖かく漠とした共犯の笑みを浮かべるわけだけど、男性が相手だと、「つまりそれは、自己表現の快感はセックスのそれに勝るということか?」とか、「見られることの快感とは何か」、「そもそもオシャレって何のためにあるのかと考えると、それって本末転倒じゃない?(その本末転倒の中に文明というものの本質が云々)」とか、なんかそーゆー話になっちゃう。

いや、「無人島に持ってゆくもの」に眉ペンを挙げる女性もいるのですよ。私もたいしておしゃれな人じゃないけど、地球最後の人類になっても、自分好みの服を求めてデパートの廃墟をさまようだろうし、多分ユニクロの廃墟には行かない(笑)。まあそれと同時に、どう考えても出版には至らないけど小説も書いちゃうだろうなあ。

そーゆーことです。って、また女同士の間で「だよね~」と生暖かく頷き合うだけかなあ。

ところで、男が女の背中のファスナーを下ろす、というようなシーンを映画やドラマで見る(あるいは何らかの事情によってそのようなシチュエーションに遭遇する)時、「ああっ! ファスナーの上端を押さえてくれえ~! 服が痛む!」と思うのは私だけではないはずだ。素材とデザインによっちゃホント、シャレにならないっす。

あ、それから、諸般の事情により、当分書き込み&トラバを停止します。後ほど「検閲後公開」に設定します。ご了承くださいませ。

2007年2月10日 (土)

ウェンブリーDVDげっちゅ~!

Produced by Trevor Horn  ~A concert for the Prince'sTrust

あまじょんに予約しちゃって、発売日に届かなくて、どーなることやらと思っていましたが(少なくとも輸入商品の予約は成功したためしが無いので、国内商品の予約も正直、不安だった……)、来ました。

ついにウェンブリー・コンサートのDVD発売。しかも、発売が実現したのは日本だけ。私のレポート・ページには世界中からアクセスがありますが、一番熱心にトレヴァー・ホーンを検索しているのは日本人だ! 私のページも貢献したに違いない、と勝手に思ってます。

プレイリストとジャケ写は上記のページにあります。まだメーカーもアマゾンも載せてないので、多分、世界最速(笑)。DVDの本編の内容はWOWWOWの放送と同じですが、うーん、意外と音響が良くない。特に音量が不安定なのはどうしたことだ! こんなのトレヴァー大先生が許さねえぞ!と思うんだけど……。もしかしてこういう要素で発売を渋ってたのかな……? どうなんでしょう? 出演者のインタビューとFGTH再結成のドキュメンタリーつき。

いやしかし、今もなお、これ行っといてよかったなあ、としみじみ思うことです。あのへんにちらっと映ってる後頭部が私かなあ、とかも思っちゃう。もうこんなコンサート二度とやらないだろうし、DVD買っといて損はないっすよ!

2007年2月 7日 (水)

領土問題の現場

うちの近所に白黒猫一族のシマ、というか、事実上白黒一族の支配下にある通りがある。そこにぐるぐる尻尾のさび三毛がやってくるのだが、これがかつてはけっこうな緊張状態だったのである。

ぐるぐるは元はその国境紛争地帯の家の飼い猫だったそうで(引越しで捨てられちゃったのであった(涙))、ぐるぐる的には当然のことであるようだ。元飼い猫のぐるぐるは人間に対して大変愛想がよく、撫でくりまわさせてくれる。しかし、白黒支配下の地域にいる時はとっても冷たい。まあそりゃ警戒体勢にあるわけだからしょうがないけど。白黒たちは触らせてもくれない……orz 一度、そのうちの一匹を不意打ちで後ろから触ったことはあるけど(笑)。それ以来猫パンチをされるようになってしまった。当然でしょうか……orz

まあそれはともかく。

白黒もぐるぐるもいわゆる地域猫というやつで、彼らは皆避妊済み、エサ、掃除ありで大変良く管理されているので、彼らの存在自体は何ら問題ではないのだが、この白黒のシマにねえ、去年の夏ごろから猫缶を出す人が現れたようなのだ。なんかぐるぐるをよく見かけるようになったなあ、と思ったら、そういうことだったのだ。

大して広くもなく、くつろげるような場所もあまりなくて、縄張りとしてはあんまり魅力のある通りじゃないかもと思うのだが、カリカリも猫缶も、という、大変豊富な資源状況となったのだ。

ん……? な、何だこの既視感は……?

去年の夏、緊張関係は一気にピークに達したらしく、ある日突然、ぐるぐるが背中に大きな傷を負って現れたのであった。

うわ~、な、何だろう~、何だろうな~、この既視感は~(笑)?

まあ死者こそ出なかったが、夏だから傷口が化膿しちゃったりしないだろうなあ、と心配してたけど、9月末にはどうにか治ったようだ。しかしすげえのは、ぐるぐるは背中が血と体液で濡れた状態のまま猫缶食べに来てたんだよね~(笑)。ぐるぐるも自分のシマでカリカリはもらえてたんだけど……ねえ、そりゃまあぐるぐる的にはおさまりはつかないでしょう。

061104_104502 その後も夜中にどつきどつかれして猫チェイスする姿がうちのベランダからも見られたのだが、夏以来、決定的な衝突はどうにか避けられていたようだ。猫缶をあげに来る人も事態を重く見たようで、とりあえず白黒たちとぐるぐるとの双方に、ちょっと離れた場所に猫缶を盛ってゆくようになった。

この写真は去年の10月に撮ったやつ。かなりの緊迫感に満ちたにらみ合いが続いたのだが、私の時間がなかったので結果は見届けられず。止めなかったのかって? キミ、人間に止められると思うのかね?

今のところ、緊張はありつつ、距離を置きつつ、互いににらみ合いつつ、それでも道路の端のたたみ一畳分ほどの外階段下の空き地で、彼らはカリカリと猫缶を食べている。まあ、なんちゅーか、エルサレムですな。そういうのもアリかな、とかね。

ま、200年もどつきどつかれしながら交易してたら、そう簡単には解決しませんわな。

井上は太って帰ってきました……orz ま、いいもん食わしてもらってたようで、ありがとうございます。お世話になりました。蕎麦と刺身とメカブを食わしたら寝ました。

2007年2月 5日 (月)

とりあえず寒中水泳はするのね……

今年は「めっちゃ暖冬、ありえねーほど暖かい、ヤヴァス!」と言われているロシア、ヨーロッパ方面。パリの友人が「オテル・ド・ヴィル前の桜がほころび始めている」と恐ろしいことを言い出すし……。アルザスじゃもう花粉が飛んでるらしい。ひ~(怖)! 

「地球温暖化の原因は人間活動にあることが科学的に証明された」とか、今頃になって国連が言い出してるけど、だんだんカール・セーガン博士が云うた通りになってきちゃってますかねえ。中学生の頃にそれでびびって「エアコンよりこたつ」みたいな各種みみっちい省エネに走ってきたとはいえ、心のどこかでは「でもまだ大丈夫なんじゃないかなあ」というキモチがなかったとは言えない。ならジェット燃料なんか使ってヨーロッパとか行くなよ、って話だもんね……orz

View4995447 でも今のところモスクワにはさすがに雪が積もっているのであった(って、モスクワに雪降らなくなったらもう終わりじゃん)。そんでもって、やっぱり、というか、当然、というか、氷を割って泳いじゃうのであった。

モスクワ川で寒中水泳 - 時事通信社

凍ったモスクワ川で水浴びをするロシア人の女性。多くの医師は寒中水泳を危険視するが、ロシアでは宗教的な意味合いがあるという(1月27日撮影)

まあ、「それなりの装備」がないと内臓凍っちゃうよね……

なんか既視感あるなあ、と思ったら、『タイタニック』か(笑)。

あと私が気になるのは、こういうのってさー、絶対、大腸菌濃度とか測ってないよねってこと。寒さで免疫力が落ちたところに菌祭り、とかだと、相当ヤバそうな気がするんですが……

あ、それを生き延びた人たちの子孫が今日のロシアを作ってるわけか(笑)。

井上、ノリで参加しちゃったりしてないだろうな。以前、ノルシュテインに「君も入らないかね?」と誘われてさすがに断った、と言ってたけど、映画祭関係のえらいひとに誘われて断りきれず……なんてぇことになってたりしないだろうか(震)。

それとも、もうすでに「それなり装備」を備えちゃったでしょうか(笑)。笑うてる場合かorz

2007年2月 4日 (日)

俺もやっと参上!

仮面ライダー電王

というわけで、私もようやく参上いたしました。先週、見てなかったのだ。というのもですね、今、井上がモスクワにいて、その出発が先週の日曜日だったんだけど、ヤツは何と、ちょうどその時間、離陸の六時間前に荷造りしてるありさまで……。その状況じゃ当然、忘れるって。

いや~(笑)。なんと申しましょうか、いろいろいろいろウケました! 本当に電車なのね! デンライナー、線路がなくても走るのね! つーか、運転席がバイクなのね! そのままバイクとしても機能するのね! 

とりあえず来週も見ようっと(笑)。ところで良太郎って何やってるヒト? 学生? 社会人? ……ニート? 第一話を見てれば分かったのだろうか……?

あ、井上はですねえ、今、モスクワ郊外のゴスフィルモフォンド(ロシア国立映画保存所)の映画祭に行ってます。ロシア……ああ、またそんなワケの分からない国と付き合って……(笑)。「映画保存所」というと、京橋のフィルムセンターみたいなところかと想像されるかと思いますが、これがねえ……とんでもねー規模のところで、ちょっとした町になっているのだそうで。そこで働く人たちのための商店や学校などもあるのだ。モスクワ市内と行き来するバスは一日数本。ちうことで、隔離軟禁映画祭なのである。メールの一通も寄越しやがらねえ。本当にモスクワにいるんだろうな? ヒコーキ乗りっぱぐれて都内の実家に潜伏してたりしないだろうな(笑)? デンライナーで送ってもらえ(笑)。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »