フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

2017年8月17日 (木)

Worldcom75@ヘルシンキ その3 【レポートイベント】

池澤春菜&堺三保のSFなんでも箱(Anything Box) #46
行ってきました世界SF大会レポート
ゲスト:YOUCHAN、高野史緒 (シークレットゲストあり!)

[日時] 2017年8月19日(土) 開場・19:00 開始・19:30 (約2時間を予定)

[会場] Live Wire HIGH VOLTAGE CAFE
     東京都新宿区新宿5丁目12-1 新宿氷業ビル3F (1F割烹「いちりん」右階段上がる) 
(Googleマップ)
    ・都営新宿線「新宿3丁目」駅 C6~8出口から徒歩5分
    ・丸ノ内線・副都心線「新宿3丁目」駅 B2出口から徒歩8分
    ・JR線「新宿」駅 東口から徒歩12分
 
[料金] 1500円 (当日券500円up)

というわけで、ワールドコン75@ヘルシンキ、行ってまいりました!

正直、今なおSFイベントには全然ついて行ってなくて、置いてけぼり~感は否定できないので、「まともなレポート」としてはお話しするようなことはないのですが、まあまともなレポートはきっと巽さんとか小谷さんとかがSFマガジンでやるでしょうし、今回は春奈さんとサンポさんを囲んで内輪っぽいしょうもない話をしましょうかねえ、的なイベントです。

シークレットゲストのほかにもちょいサプライズありです。皆さま遊びにいらしてくださいね!

2017年8月 8日 (火)

Worldcon75@ヘルシンキ その2

日本SF作家クラブ プロモーションブック
https://www.dropbox.com/s/4haahga96knigbj/promotion75_all_0806.pdf?dl=0

『WOMBS』英訳プルーフ
https://dl.dropboxusercontent.com/u/3931483/WOMBS_FreeSample.pdf

第37回SF大賞選評冊子
https://www.dropbox.com/s/np9h9migljdc5jc/SF2017booklet_eng_forQR.pdf?dl=0

2017年8月 7日 (月)

Worldcon75@ヘルシンキ その1

Logo300x300


8月9~13日にヘルシンキで行われるワールドコン75に、日本SF作家クラブの一員として行ってまいります!

今回は今後のことも考え、広報にかな~り力を入れて、日本SF作家クラブのプロモーションブックや『WOMBS』の英訳サンプル、SF大賞の選評英語版、掲示用タペストリー、YOUCHANのアートショウ、藤井太洋会長の企画参加(もちろん英語で!)等、いろいろ用意されております。……って、冊子やタペストリーは特にYOUCHANがタダ働きで粉骨砕身したのですが。もうね、YOUCHANに足を向けて寝られません。

で、その冊子のWeb版ですが、次エントリでリンクを公開します。いちおう翌日午前九時公開解禁ということになっているので、ココログのタイマーをセットしていきますが、うまく作動しますかどうか。

もう準備が何もかも泥縄……3日になってヘルシンキ市庁舎が「レセプションやるから来てね!」とか言い出すし(しかも返事の締め切りが4日!)市庁舎側は「これは基本フォーマルなレセプションで、招待者は各ジャンルでの活躍ぶりを見て選定しているのだから、他人に権利を渡さないように!」とか厳粛なことを言っているが、もう一方で「非EU圏外からワールドコン申し込みが早かった人」というウワサもあり……正直、後者ではないかと疑っている。だいたい、日本人の「活躍してる人」なんて短期間に調べられるとは思えず……。ぐだぐだなのはきっと行く側だけではないはずだ……

というわけで、設定が上手くいけば明日の午前中にリンクが貼られます。

現地でお目にかかる皆様、よろしくお願いします。

2017年6月30日 (金)

トレヴァー・ホーン大先生のお番組

久しぶりにトレヴァー先生関連のニュースを一つ。

オーストラリアの人がロンドンの人に教えて、それを東京の人が教えてもらうという遠回りな経路で回ってきた、でも実は今すぐそこにあった情報。

NHKBS 洋楽倶楽部 トレヴァー・ホーン特集
洋楽倶楽部 Presents「80’sを創った男~トレヴァー・ホーンの世界~」
<放送>NHK BSプレミアム 7月9日(日)午後10:50〜11:49放送予定
<進行>藤井隆・ヒャダイン

実はもうサントラ(初回限定DVDつき)はすでに予約してある。トレヴァー先生は最近、ロンドンではテクノポップ黎明期を描いたミュージカルなんかも作ってるそうで、日本からだと見えにくいけど実は今でも活躍している。日本中心で活躍していただけるとは、ファン歴40年(!)の者としては感涙でございます。

2017年5月12日 (金)

第37回日本SF大賞 受賞のことば&選評

日本SF作家クラブのサイトに、第37回日本SF大賞の選評と、白井弓子、樋口真嗣、尾上克郎各氏の「受賞のことば」が掲載されました!

選評
http://sfwj.jp/awards/Nihon-SF-Taisho-Award/37/20170507033854.html

受賞のことば
http://sfwj.jp/awards/Nihon-SF-Taisho-Award/37/20170507014801.html

改めまして、受賞者の皆様、おめでとうございます!。

2017年5月11日 (木)

【発売】人工知能の見る夢は ―AIショートショート集―

514bclhrzgl__sx344_bo1204203200_『人工知能の見る夢は ―AIショートショート集―』(文春文庫)発売になりました。「人工知能と創作」の章に拙作「舟歌」収録。

過去三年ほどの間に人工知能学会の学会誌に掲載されたAIテーマのショートショートの半分ほどを収録したアンソロジー。執筆当時は原稿の量と「AIをテーマに」という二つだけを告げられて、書き手は何をどう解釈してAIをどう使うか等、内容にはまったく何の制限もなく書かせていただいたものです。

今回アンソロジー化にあたって、チョイスは「小説目線」ではなく、「人工知能の研究者目線」だそうで、選定は作家や編集者ではなく、研究者サイドで行われました。小説としてのできの良し悪しではなく、あくまでも「研究者から見たAIの扱い方」が基準だとか。収録作は「自動運転」、「ゲームAI」、「人工知能と法律」等、八つのテーマにカテゴライズされ、それぞれの章にそのジャンルの専門家が解説をつけています。解説も非専門家を置いていかないようにがんばってくれていますが、でもやっぱり、もとからこの分野に興味がある読み手でないと辛いかも。何となく手に取ったら全く興味がなかった人工知能の世界に引き込まれ……っては多分ならない。最初から「そのつもり」で読まないと厳しそう。しかし逆に言うと、興味がある人にとってはどれもショートショートながら宝の山に思えるでしょう。

研究者が研究目線で作品を選ぶというのは画期的っちゃ画期的なんですけれども、でも、出来上がったアンソロジーを読み通してみて思うのは、「でもやっぱり作家側に相談してほしかった」ということ。テーマ別にカテゴライズするということは先にテーマに関わるネタばらしをしてしまっているということ。そして、「このテーマならあれも入れてほしかった」とか「この作品をこのテーマに入れるのはちょっと浅く受け止めすぎかな」とか思ったりする。何より、どうせなら学会誌に掲載されたすべての作品を読みたかった……。「研究者がチョイスする」がこのアンソロジーの目玉なのは分かるけど、分かるんだけれども、それでもなおかつ私は「全部読ませろ」派なのです。

収録作家等は以下の通り(アマゾンの商品ページのコピペ

『人工知能の見る夢は ―AIショートショート集―』

内容紹介

SF作家と人工知能学会がコラボレーション! この一冊で、「人工知能の現在と未来」が丸わかり。
日本を代表するSF作家たちが、人工知能をテーマにショートショートを競作。それをテーマ別に編集し、それぞれのテーマについて第一線の研究者たちがわかりやすい解説エッセイを書き下ろしました。
名古屋大学・佐藤理史先生プロデュースの〈AI作家の小説〉も掲載!
研究者の最新の知見と作家のイマジネーションが火花を散らす画期的コラボ企画が、文庫オリジナルで登場です。

【テーマ一覧】
◎対話システム ◎自動運転 ◎環境知能 ◎ゲームA I◎神経科学 ◎人工知能と法律 ◎人工知能と哲学 ◎人工知能と創作
【執筆者一覧】
《作家》若木未生、忍澤勉、宮内悠介、森深紅、渡邊利道、森岡浩之、図子慧、矢崎存美、江坂遊、田中啓文、林譲治、山口優、井上雅彦、橋元淳一郎、堀晃、山之口洋、高井信、新井素子、高野史緒、三島浩司、神坂一、かんべむさし、森下一仁、樺山三英、 《研究者》大澤博隆、稲葉通将、加藤真平、小林亮太、伊藤毅志、原田悦子、赤坂亮太、佐藤理史、久木田水生、松山諒平   

2017年4月28日 (金)

第37回日本SF大賞贈賞式とSF作家クラブの法人化

SF大賞のほうは、選評がネットに上がってからにしようかな~と思っていたら一週間経ってしまったので、とりあえずご報告まで。

去る5月21日、第37回日本SF大賞贈賞式が行われました。ニコ動でネット中継が行われたのでご覧になった方も多かろうと思いますが、大変な盛会でした。選評にはのちほどリンクいたします。

で、その贈賞式の前にSF作家クラブの総会が行われ、ほぼ全会一致でクラブの一般社団法人化が決定いたしました。初期の牧歌的な親睦の会を惜しむ声もないではなかったのですが、もうね~、このご時世、任意団体のままでは微々たる会費を管理するための銀行口座さえ作れないんで。今は事務局の会計担当者が便宜上個人名義で口座を開いているのだ! 個人名でちまちまあちこちから入金されてくるので、会計担当者は「なんか恐喝してる人みたいw」と言ってるけど、いやどちかっていうと少額詐欺っぽいよねw なので、このままだと引き継ぎもできないわけですよ。そもそもSF作家クラブの趣旨は「会員の親睦と、SF・ファンタジーの普及、振興」なので、その趣旨を守るために時代に合わせて会の形態を変えるのは、仕方なくすることじゃなくてむしろ積極的にやりたいところ。そして、法人化によって会員が「便宜上入会してるだけ」という形をとりやすくなったことで、個人的に新年をともにしない人たちも会員であり続けやすくなると私は期待しています。数年前に袂を分かった人たちにも戻ってきてホシイ……

今、藤井太洋会長と事務局が超人的な働きで頑張ってくれています。今後もSF作家クラブをお見守りいただけると幸いです。

2017年3月23日 (木)

ハンノキのある島で

Shosetsugendai_1704_h1_mojiari「小説現代」4月号に短編「ハンノキのある島で」が掲載されました。

SF……とまではいかない……かなあ、広義のSFではあると思うディストピアifものです。そして一読いただければお分かりかと思いますが、同時に私小説です。

今まで私小説は書いたことないのですが、ここ数年、まあ実家関係のことでいろいろありまして、それなりに心境の変化というものがございました。そういう中で、去年、パリやボローニャで考えることがあって、こういうものを書いてみました。それぞれ主人公の違う連作短編化も考えています。

奇しくも、SF作家クラブ現会長の藤井太洋さんと、SFくない文芸誌にSFくない作品で共演。藤井さんも私小説だそうです。まだ他の方の作品はどれも読んでいないのですが(こういう時うだうだしがちな性質)、楽しみです。

というわけで、どうかよろしくお願いいたします。

2017年2月26日 (日)

第37回日本SF大賞

去る2月25日、新宿の小田急ホテルセンチュリーサザンタワーにて選考会が行われ、第37回日本SF大賞が決定いたしました。決定直後にマスコミ発表もなされましたので、ご存知の方も多かろうと思います。

大賞:『WOMBS(ウームズ)』白井弓子(小学館)
特別賞:『シン・ゴジラ』庵野秀明:総監督/樋口真嗣:監督/尾上克郎:准監督・特技統括(東宝)

受賞者の皆様、おめでとうございます!

今回は非常に人気の高い映像作品二作が候補として挙がっていたので、この結果に対し、アンチ的な言説がネットに流れたりするんじゃないかという危機感もあるっちゃあるのですが、後日発表される選考過程や選評を読み、受賞作も読んでいただいた上でご発言いただければと思っております。

2017年2月13日 (月)

清水富美加の出家の件で思い出したこと

げーのー界超うといし、特に彼女のファンだったわけでもなく、幸福の科学に対しては基本、批判的に見ている人間ですが……

清水富美加が幸福の科学出家で引退した件で、ちょっと思い出したこととかいろいろ。

作家としてデビューしてから4、5年くらいだったか、たま~~~に芸能界に関わる人と知り合う(一度だけダサいガキだった後輩が美少女に成長してアイドルになったことがある。あれはさすがにびっくりしたcoldsweats01)。とはいえメジャーな芸能人に知り合いはいない。引退しちゃう人ばかり……というか、あまり話をぼかすとワケ分かんなくなるのではっきり言うと、崖っぷちの人に寄りかかられかけて対処しきれなかったなんていうことがあったりするわけです(全員若い女性)。みんな「作家」というものを誤解してる……。「作家」=「昭和の権力ある大先生」ではないわけでsweat02 

そういう経験から言うと、私は幸福の科学側の言うことに一理あるのではないかと思うわけです。

日スポ「幸福の科学、清水富美加は「心身に傷」会見全文」

どうもネット上の発言は、幸福の科学を貶める言説が多いように思うけど、私は芸能界から脱出した女性たち側の話は幸福の科学の側の話とほぼ同じ。むしろ、清水富美加は主役級だったからこれはかなりマシなケースで、無名の子たちの場合、話は露骨なエロ仕事がらみだったりする。

幸福の科学はまあ、基本、カルトですから、「奴ら」の言ってることを貶めたい、どうせウソに決まってる、みたいな気持ちにもなろうかと思いますが、でもね、私はこの件に限ってはもっと幸福の科学側の言うことに耳を傾けるべきではないかと思うのですよ。

もうすでにご存じの方も多かろうとは思いますが、去年、こういう報告書が出ました。

伊藤和子弁護士:AV強要被害をなくし、救済するために

【報告書】日本:強要されるアダルトビデオ撮影   ポルノ・アダルトビデオ産業が生み出す、 女性・少女に対する人権侵害 調査報告書

清水富美加の件はまだライトで、こっち方面にまで至らなかったので、むしろ話題にしやすいのが幸いかもしれません(まあ本人にとっちゃたまったもんじゃないとは思いますが)。これを機に、せめて我々は世の中にはこういう問題があるのだということを認識しておくべきじゃないかと思います。

私の知ってるケースもまだライトなほうで、結婚とかで脱出できたようですが、もうみんな、連絡の取れない人たちになってしまった……

清水富美加の件、うちの妹なんかも「バイトばっくれてやめるやつとか、みんなこれと同じこと言うよねw 芸能界なんて、自分の切り売り覚悟じゃないの?」とか2ちゃん脳みたいなこと言い出して、なんかもう、情けないというか、けっこうシリアスな憤りを感じてしまった……。妹までもがこういうこと言わなきゃ、わざわざ特にファンでもない芸能人についてのエントリを書くほど怒ったりはしなかったでしょう。

何にしても、マスコミも幸福の科学いじりではなく、芸能界の問題という側面にちゃんと食い込んでいってほしいと思うことです。そして世の中全体がもっと芸能事務所を追求してゆく体制になって、ひいては、もっとマシな環境になってほしいもんです。

«SFが読みたい! 2017年版