フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2017年10月16日 (月)

とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話

518hohova3l魔がさしてこれを読んでしまいました。

佐倉色『とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話』

もちろん、それぞれの人物の発言の細部やニュアンス等は、ただ一人の著者の表現をそのまま鵜呑みにすることはできないかもしれない。が……まあ正直、小説の業界にいる人間としては「ほぼまんま事実」だろうな~と思う次第である。

小説の業界もね……褒められたもんじゃないので。私も特定の出版社の特定の編集者についてこのブログでもいろいろ書きましたしね~ははは。でも、これは私なんかよりもっとヒドイ話。もしこの著者の描いた先方の態度やニュアンスが全部大嘘だったとしても、色紙の件とか無断転載の件、ネタバレの件などは、マンガ業界に関わっている私の友人たちからも直接確認が取れる事実で、その事実だけでも相当なものである。著者は社会人経験が豊富なためか、かなり冷静に事態に対応できたと思う。その、第三者からも確認できる事実関係に基づけば、この著者の描写は信頼に足るものであろうと推定できる。

しかしも、こういうのとか、業界の内部で起こるあれこれを見ていてつくづく思うのは、「やっぱりみんな新人賞でデビューしたほうがいいよ」ということだ。

今はネットや同人誌等、様々な発表媒体がある時代だ。一口にネットと言っても、その中にも発表のフォーマットがいろいろある。新人賞や商業デビューにこだわらずに書きたい(描きたい)ものが発表できる時代だ。実際、この著者の佐倉さんも、ネットでの発表が商業デビューにつながっている。しかし、このパターンの最大の問題点は、業界内の横のつながり、先輩たちとのつながりがなく、担当編集者という首の皮一枚で業界とつながった状態でデビューせざるを得ないことだ。

やっぱり私は思う。いろいろ発表媒体がある今だからこそ、是非、新人賞でデビューしてほしい、と。マンガとか小説とかイラストとかのジャンルを問わず、是非、できるだけ「いい新人賞」でデビューしてほしい。それはデビューする時点で自分の存在をより広く業界で知ってもらい、また授賞式などで他社の編集者や先輩たち、評論家たちと知り合って、身を守る術とか情報の交換をできるようにし、業界を知り、相談できる、信頼できる相手を得るためだ。

私はファンタジーノベル大賞のファイナリストとして、鳴りものも人脈も何もなくデビューしたのだが、その前に、大学院時代のバイトによって出版社(特に講談社)のいろいろな部門のベテラン編集者の方々と知り合うことができ、ここから得た情報がその後の作家人生に大いなる糧、智恵となったのだった。そして新人を育てないと言われる新潮社からデビューした後に途方に暮れていた時に助け舟を出してくれたのも講談社の内部の方々だった。それでも苦労した。けどでも彼らのおかげで命がつながったのだ。やっぱり、持つべきものは「業界内の信頼できる先達」なのである。これを得るために、新人の方々はどうか、くれぐれも「いい新人賞」からデビューして欲しいのだ。

創作の業界に関してヒドイ話はいくらでもある。ヒドイ業界人も死ぬほどたくさんいる。ていうか私を「ろくな奴じゃねえ」と思っている業界人も一人や二人や三人や四人ではないだろう。でもね、でも私は、そんな業界をクリーンアップしろとは思わないのだ。ロクでもねえダメなやつとか、ドロドロした因縁とか、陰謀とか、対立とか、ほかの社会では通用しないようなヒドイこととか、あってもいいと思っている。みんなそれぞれの知恵とか陰謀とか人脈で乗り切れ、と思う。何故なら、創作はそもそも「まともな産業」ではないのだ。「まとも」でもなければ「産業」でもないのだ。まともさとか、効率のいい生産とか、経済的な正常さではくくれない、人間の不条理な部分とか、突出しでダメな部分とか、あっという間に踏みにじられてしまいそうなほど聖なる部分とか、そういうものに寄り添うのが創作であり、人間の中にある「普通の社会」ではくみ取れない側面こそがその創作の原動力だからだ。

だからこそ、この業界はムチャクチャでいい、そしてその中でやってゆく人のつながりを得るため、新人の皆様には新人賞でデビューしてほしいのだった。

最後に、私がファンタジーノベル大賞の候補作になった『ムジカ・マキーナ』で無冠でデビューする話に乗るか、それは断って次の作品で次のファンタジーノベル大賞に応募するかで迷っていた時、(当時)講談社総合編纂局の関山一郎さんとホワイトハート文庫の小島香さんに言われた言葉が私の人生を決定づけた話。「デビュー作は作家にとって一生使う名刺のようなものだ。あなたはこれから他にもいい作品を書くだろう。それで賞を取ってデビューしたいという気持ちはわかる。でも『ムジカ・マキーナ』は一生使う名刺にふさわしい作品だ。やはり肩書を犠牲にしてでも『ムジカ・マキーナ』でデビューしたほうがいい」。彼らの言葉は正しかった。同作は今でも、あの時代(1995年)の代表作の一つとして数えられている。

あれっ……これって、新人には新人賞でデビューしろと言いつつ、自分はそうしなかった話になってるじゃん……いやその、業界内で信頼できる人々とつながれるデビューをしましょうという話よ。そのためには、新人賞というフォーマットがもっとも労力か少なく、確実だという話。そして、いい編集者は大切にしましょうという話。

この本の著者佐倉さんも、誹謗中傷という犠牲は大きかったかもしれないが、この件によって横と縦のつながりも得られただろう。今後の支えになるだろうと思う。そしてまた自分自身も、こういう人たちの助けになれるような人間でありたいと思うのであった。

2017年8月30日 (水)

トレヴァー・ホーン・バンド@ビルボードライブ東京

Tchtop

トレヴァー・ホーン・バンド来日公演

8月22日、トレヴァー・ホーン・バンドの2ndステージに行ってきました!

前回の来日は2012年8月。私はまだ乱歩賞の賞金も印税も振り込まれてないのにお付き合い関係でどんどんフトコロ具合が怪しくなってた頃で、果たして行けるのか?!という状況だったけど無理矢理行ってしまったんだった。まあ今回もワールドコンでナニだったので似たようなものですがsweat02 それでもトレヴァー先生の来日とあらば行かねばなりますまい。ほんとは20日のサマソニも含めて全公演行きたかったけど……そこはホラ、ワールドコンが……ゴニョゴニョsweat01

というわけで、ほぼ40年来のファンを自認しつつワンステージのみのレポです。

22日2ndステージのセットリストは以下の通り。

TWO TRIBES   Frankie Goes To Hollywood
VIDEO KILLED THE RADIO STAR   The Buggles
ALL THE THINGS SHE SAID   t.A.T.u.
RUBBER BULLETS   10cc
CRY   Godley & Creme
PLASTIC AGE   The Buggles
SLAVE TO THE  RHYTHM   Grace Jones
THE POWER OF LOVE   Frankie Goes To Hollywood
CAN’T FIGHT THE MOONLIGHT   LeAnn Rimes
OWNER OF A LONELY HEART   Yes
I’M NOT IN LOVE   10cc
SKY SHOW   Trevor Horn
FUTURE BOYFRIEND   OST The Reflection
RELAX   Frankie Goes To Hollywood

EVERYBODY WANTS TO RULE THE WORLD   Tears for Fears

もうね、懐メロw みんなでかわりばんこにヴォーカル取って懐メロオンパレードです。シールのKiss from a Roseも予定されてたけどやらなかった。まあそもそも誰が歌うんだって感じの難しい曲ではありますが。トレヴァー先生がヴォーカルを取ったのはバグルズの二曲と新曲のSky Show。Sky ShowはNHKで粛々と放送されているアニメThe Reflectionの「80年代ヒット」という設定の曲ですが……これがね、もう、ものすごくバグルズっぽくて、私なんかは二度ほど聴いたらもう中学生くらいの頃からずっと聴き続けている曲のような気がするくらい、なじみすぎるほどなじんでしまった曲です。しかも、トレヴァー先生、バグルズ時代と同じ音域で歌ってる……。今回のライヴでも、根性であの高音域で歌い切りました。I'm not in Loveが終わった時点でベースを置いたので、おおっ?!と思ったら、そう、ヴォーカルに一球入魂で歌ってましたよ。もうイエスのトラウマからは解放されたのだなと思うと感無量です。ウェンブリーの時も2012年の来日の時も、ステージの上ではまだちょっと引いてる感もなくはなかったので……

「ヴィデオスターの悲劇」なんかはもう最初からコーラスは客がみんなで入れるのが前提のようなつくり(笑)。そして今回は途中でリック・アストリー(!)がゲストとしてやってきて、「ロンリー・ハート」を歌ったのでした。最初(あのジョン・アンダーソンじゃないと歌えない)オリジナルキーで歌い始めてすぐにオクターブ下げるっていうのは、まあ最初からそのつもりのネタだろうとは思うけど(何しろリックはデビュー当時、かわいい顔に似合わない太くて低い声でウケた人だし)、でも歌詞の紙見ながら歌うのやめてくれ(笑)。デキもイマイチ。まあ今回はお祭りってことで勘弁してあげよう。

トレヴァー先生はかつて「クラシックのオーケストラみたいに、過去の名曲を演奏するバンドがあってもいいんじゃないか」という趣旨の発言をしているのですが、何というか、まあ自分でそれを実践してるって感じでしょうか。過去の実績も今の実力もあるシュミのオヤジバンドだからこそでしょう。ポップスもロックも、もうクラシック並みに「名曲」があるんだし、確かにそういうバンドがあってもいいよね。

2ndステージの後はサイン会あり。Tシャツにサインしてもらってしっかり握手もして、夢の一夜は終了。また東京来てね! トレヴァー先生! そしてできれば次はGive Me Back My Heartをリードヴォーカルで歌ってください(笑)。

十代の頃から生ききづらかった自分に「トレヴァー・ホーンの新曲を生で聴く日がやってくるから頑張って生きろ」と言ってあげたい。いやあ、まさかこんな時代が来るとはびっくりだ。

2017年8月17日 (木)

Worldcom75@ヘルシンキ その3 【レポートイベント】

池澤春菜&堺三保のSFなんでも箱(Anything Box) #46
行ってきました世界SF大会レポート
ゲスト:YOUCHAN、高野史緒 (シークレットゲストあり!)

[日時] 2017年8月19日(土) 開場・19:00 開始・19:30 (約2時間を予定)

[会場] Live Wire HIGH VOLTAGE CAFE
     東京都新宿区新宿5丁目12-1 新宿氷業ビル3F (1F割烹「いちりん」右階段上がる) 
(Googleマップ)
    ・都営新宿線「新宿3丁目」駅 C6~8出口から徒歩5分
    ・丸ノ内線・副都心線「新宿3丁目」駅 B2出口から徒歩8分
    ・JR線「新宿」駅 東口から徒歩12分
 
[料金] 1500円 (当日券500円up)

というわけで、ワールドコン75@ヘルシンキ、行ってまいりました!

正直、今なおSFイベントには全然ついて行ってなくて、置いてけぼり~感は否定できないので、「まともなレポート」としてはお話しするようなことはないのですが、まあまともなレポートはきっと巽さんとか小谷さんとかがSFマガジンでやるでしょうし、今回は春奈さんとサンポさんを囲んで内輪っぽいしょうもない話をしましょうかねえ、的なイベントです。

シークレットゲストのほかにもちょいサプライズありです。皆さま遊びにいらしてくださいね!

2017年8月 8日 (火)

Worldcon75@ヘルシンキ その2

日本SF作家クラブ プロモーションブック
https://www.dropbox.com/s/4haahga96knigbj/promotion75_all_0806.pdf?dl=0

『WOMBS』英訳プルーフ
https://dl.dropboxusercontent.com/u/3931483/WOMBS_FreeSample.pdf

第37回SF大賞選評冊子
https://www.dropbox.com/s/np9h9migljdc5jc/SF2017booklet_eng_forQR.pdf?dl=0

2017年8月 7日 (月)

Worldcon75@ヘルシンキ その1

Logo300x300


8月9~13日にヘルシンキで行われるワールドコン75に、日本SF作家クラブの一員として行ってまいります!

今回は今後のことも考え、広報にかな~り力を入れて、日本SF作家クラブのプロモーションブックや『WOMBS』の英訳サンプル、SF大賞の選評英語版、掲示用タペストリー、YOUCHANのアートショウ、藤井太洋会長の企画参加(もちろん英語で!)等、いろいろ用意されております。……って、冊子やタペストリーは特にYOUCHANがタダ働きで粉骨砕身したのですが。もうね、YOUCHANに足を向けて寝られません。

で、その冊子のWeb版ですが、次エントリでリンクを公開します。いちおう翌日午前九時公開解禁ということになっているので、ココログのタイマーをセットしていきますが、うまく作動しますかどうか。

もう準備が何もかも泥縄……3日になってヘルシンキ市庁舎が「レセプションやるから来てね!」とか言い出すし(しかも返事の締め切りが4日!)市庁舎側は「これは基本フォーマルなレセプションで、招待者は各ジャンルでの活躍ぶりを見て選定しているのだから、他人に権利を渡さないように!」とか厳粛なことを言っているが、もう一方で「非EU圏外からワールドコン申し込みが早かった人」というウワサもあり……正直、後者ではないかと疑っている。だいたい、日本人の「活躍してる人」なんて短期間に調べられるとは思えず……。ぐだぐだなのはきっと行く側だけではないはずだ……

というわけで、設定が上手くいけば明日の午前中にリンクが貼られます。

現地でお目にかかる皆様、よろしくお願いします。

2017年6月30日 (金)

トレヴァー・ホーン大先生のお番組

久しぶりにトレヴァー先生関連のニュースを一つ。

オーストラリアの人がロンドンの人に教えて、それを東京の人が教えてもらうという遠回りな経路で回ってきた、でも実は今すぐそこにあった情報。

NHKBS 洋楽倶楽部 トレヴァー・ホーン特集
洋楽倶楽部 Presents「80’sを創った男~トレヴァー・ホーンの世界~」
<放送>NHK BSプレミアム 7月9日(日)午後10:50〜11:49放送予定
<進行>藤井隆・ヒャダイン

実はもうサントラ(初回限定DVDつき)はすでに予約してある。トレヴァー先生は最近、ロンドンではテクノポップ黎明期を描いたミュージカルなんかも作ってるそうで、日本からだと見えにくいけど実は今でも活躍している。日本中心で活躍していただけるとは、ファン歴40年(!)の者としては感涙でございます。

2017年5月12日 (金)

第37回日本SF大賞 受賞のことば&選評

日本SF作家クラブのサイトに、第37回日本SF大賞の選評と、白井弓子、樋口真嗣、尾上克郎各氏の「受賞のことば」が掲載されました!

選評
http://sfwj.jp/awards/Nihon-SF-Taisho-Award/37/20170507033854.html

受賞のことば
http://sfwj.jp/awards/Nihon-SF-Taisho-Award/37/20170507014801.html

改めまして、受賞者の皆様、おめでとうございます!。

2017年5月11日 (木)

【発売】人工知能の見る夢は ―AIショートショート集―

514bclhrzgl__sx344_bo1204203200_『人工知能の見る夢は ―AIショートショート集―』(文春文庫)発売になりました。「人工知能と創作」の章に拙作「舟歌」収録。

過去三年ほどの間に人工知能学会の学会誌に掲載されたAIテーマのショートショートの半分ほどを収録したアンソロジー。執筆当時は原稿の量と「AIをテーマに」という二つだけを告げられて、書き手は何をどう解釈してAIをどう使うか等、内容にはまったく何の制限もなく書かせていただいたものです。

今回アンソロジー化にあたって、チョイスは「小説目線」ではなく、「人工知能の研究者目線」だそうで、選定は作家や編集者ではなく、研究者サイドで行われました。小説としてのできの良し悪しではなく、あくまでも「研究者から見たAIの扱い方」が基準だとか。収録作は「自動運転」、「ゲームAI」、「人工知能と法律」等、八つのテーマにカテゴライズされ、それぞれの章にそのジャンルの専門家が解説をつけています。解説も非専門家を置いていかないようにがんばってくれていますが、でもやっぱり、もとからこの分野に興味がある読み手でないと辛いかも。何となく手に取ったら全く興味がなかった人工知能の世界に引き込まれ……っては多分ならない。最初から「そのつもり」で読まないと厳しそう。しかし逆に言うと、興味がある人にとってはどれもショートショートながら宝の山に思えるでしょう。

研究者が研究目線で作品を選ぶというのは画期的っちゃ画期的なんですけれども、でも、出来上がったアンソロジーを読み通してみて思うのは、「でもやっぱり作家側に相談してほしかった」ということ。テーマ別にカテゴライズするということは先にテーマに関わるネタばらしをしてしまっているということ。そして、「このテーマならあれも入れてほしかった」とか「この作品をこのテーマに入れるのはちょっと浅く受け止めすぎかな」とか思ったりする。何より、どうせなら学会誌に掲載されたすべての作品を読みたかった……。「研究者がチョイスする」がこのアンソロジーの目玉なのは分かるけど、分かるんだけれども、それでもなおかつ私は「全部読ませろ」派なのです。

収録作家等は以下の通り(アマゾンの商品ページのコピペ

『人工知能の見る夢は ―AIショートショート集―』

内容紹介

SF作家と人工知能学会がコラボレーション! この一冊で、「人工知能の現在と未来」が丸わかり。
日本を代表するSF作家たちが、人工知能をテーマにショートショートを競作。それをテーマ別に編集し、それぞれのテーマについて第一線の研究者たちがわかりやすい解説エッセイを書き下ろしました。
名古屋大学・佐藤理史先生プロデュースの〈AI作家の小説〉も掲載!
研究者の最新の知見と作家のイマジネーションが火花を散らす画期的コラボ企画が、文庫オリジナルで登場です。

【テーマ一覧】
◎対話システム ◎自動運転 ◎環境知能 ◎ゲームA I◎神経科学 ◎人工知能と法律 ◎人工知能と哲学 ◎人工知能と創作
【執筆者一覧】
《作家》若木未生、忍澤勉、宮内悠介、森深紅、渡邊利道、森岡浩之、図子慧、矢崎存美、江坂遊、田中啓文、林譲治、山口優、井上雅彦、橋元淳一郎、堀晃、山之口洋、高井信、新井素子、高野史緒、三島浩司、神坂一、かんべむさし、森下一仁、樺山三英、 《研究者》大澤博隆、稲葉通将、加藤真平、小林亮太、伊藤毅志、原田悦子、赤坂亮太、佐藤理史、久木田水生、松山諒平   

2017年4月28日 (金)

第37回日本SF大賞贈賞式とSF作家クラブの法人化

SF大賞のほうは、選評がネットに上がってからにしようかな~と思っていたら一週間経ってしまったので、とりあえずご報告まで。

去る5月21日、第37回日本SF大賞贈賞式が行われました。ニコ動でネット中継が行われたのでご覧になった方も多かろうと思いますが、大変な盛会でした。選評にはのちほどリンクいたします。

で、その贈賞式の前にSF作家クラブの総会が行われ、ほぼ全会一致でクラブの一般社団法人化が決定いたしました。初期の牧歌的な親睦の会を惜しむ声もないではなかったのですが、もうね~、このご時世、任意団体のままでは微々たる会費を管理するための銀行口座さえ作れないんで。今は事務局の会計担当者が便宜上個人名義で口座を開いているのだ! 個人名でちまちまあちこちから入金されてくるので、会計担当者は「なんか恐喝してる人みたいw」と言ってるけど、いやどちかっていうと少額詐欺っぽいよねw なので、このままだと引き継ぎもできないわけですよ。そもそもSF作家クラブの趣旨は「会員の親睦と、SF・ファンタジーの普及、振興」なので、その趣旨を守るために時代に合わせて会の形態を変えるのは、仕方なくすることじゃなくてむしろ積極的にやりたいところ。そして、法人化によって会員が「便宜上入会してるだけ」という形をとりやすくなったことで、個人的に新年をともにしない人たちも会員であり続けやすくなると私は期待しています。数年前に袂を分かった人たちにも戻ってきてホシイ……

今、藤井太洋会長と事務局が超人的な働きで頑張ってくれています。今後もSF作家クラブをお見守りいただけると幸いです。

2017年3月23日 (木)

ハンノキのある島で

Shosetsugendai_1704_h1_mojiari「小説現代」4月号に短編「ハンノキのある島で」が掲載されました。

SF……とまではいかない……かなあ、広義のSFではあると思うディストピアifものです。そして一読いただければお分かりかと思いますが、同時に私小説です。

今まで私小説は書いたことないのですが、ここ数年、まあ実家関係のことでいろいろありまして、それなりに心境の変化というものがございました。そういう中で、去年、パリやボローニャで考えることがあって、こういうものを書いてみました。それぞれ主人公の違う連作短編化も考えています。

奇しくも、SF作家クラブ現会長の藤井太洋さんと、SFくない文芸誌にSFくない作品で共演。藤井さんも私小説だそうです。まだ他の方の作品はどれも読んでいないのですが(こういう時うだうだしがちな性質)、楽しみです。

というわけで、どうかよろしくお願いいたします。

«第37回日本SF大賞