フォト
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2016年8月 5日 (金)

『シン・ゴジラ』見てきた

『シン・ゴジラ』 見てきました。あんまりちまちまといろんな刺激があると内容に集中できなくなる性質なので、TCXだけどのスクリーンで。
 
いや~、これはヤバイものを見てしまった。目つきが使徒だ。特に第二形態は。姿も、直視するのがつらい気持ち悪さ。何をどうしても意思の疎通なんかあり得ない、まさしく異形の存在にして核の恐怖の化身。そういう意味では原点回帰だろう。私たちは、1954年に第一作を見た人たちの恐怖を初めて追体験しているのかもしれない。少なくとも私はそうだ。何しろ私が子供の頃すでに、ゴジラは親しみやすいキャラ化していたので、その後いかにもこわいもののように描かれても「あ~はいはいゴジラね」くらいにしか思ってこなかったからなあ。もう映画のキャッチコピーにもほんの帯にも感心しなくなって久しく、「宇宙ではあなたの悲鳴は誰にも聞こえない」みたいな名作はもう生まれないだろうと思っていたが、本作の「現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)」はもう、ウマいと思わせるだけではなくまったくその通りで、これも感心。
 
人間の側は、「主要登場人物」はいるが、「主人公」はいない。主役はまさしく、「事態」であり、「現実(ニッポン)」だ。人間ドラマも登場人物の背景も感情も個性も極限までそぎ落とし、セリフだけではなくいかにも庵野な文字情報を多用してひたすら「事態」を追う。「この国では誰が決断するのかしら?」っていかにも映画でやりそうなウスッペラい日本批判なんか出してきてダサイなあと思っていると、最終的にはそれを無力化する「いかにもニッポン」なやり方の積み重ねで、何もかもがいい意味でも悪い意味でもあきれるほどニッポンな解決に至っちゃうのだ。品川でまだ小さい第二形態のゴジラを叩けなかったニッポンをあの国やこの国はきっとヘタレと思っただろうけど、これが現実(ニッポン)なんだよ。それだからこそあの結末なんだよ。日本がキライで外国に移住した日本人は、多分この映画は見たらキライになるだろうなあ。
 
「気持ち」の描写も極力排除されているが、それは、パタースン特使が国連安保理の決議と母国アメリカからの退去命令に逆らう時、ひと言だけ語られる「おばあちゃん」の件にちらりと彼女の個人的な感情が見え、観客も――少なくとも私はそうだった――その一瞬にはっと心を動かされる。一番重要なことは最初から最後まで声を大にして叫ばなくても、こういう忘れがたい瞬間によって見るものの魂に刻み付けられる。
 
ネットには、結末がショボイとか絵的にダサイとかの批判があふれかえっているようだが、いやこれが現実(ニッポン)なんだよ。絵的には明らかに意識してレトロ日本怪獣映画だし……え? インデペンデンス・デイ? いやだってあれは映画だから(笑)。世界を作っているのは戦闘機に乗る大統領ではなく、オタク力を結集するはぐれ者たちであり、いざとなったら出世をなげうつ覚悟のある出世主義者たちであり、カウントダウンのさなかにもお茶を入れてくれるおばちゃんたちであり、誰にも知られず誰にも褒めてもらえないところで頭を下げるおっさんたちなのだ(まさかの2199テイスト活躍ありw)。そういう意味では脚本的には『マン・オブ・スティール』に通じるものがあると思うけど、『マン・オブ・スティール』は悪い意味でゲームっぽい3DGCでその素晴らしい脚本を台無しにしてしれやがった一方、『シン・ゴジラ』は好みが分かれる庵野演出でその脚本を生かし切ったと言えるのではないかと思う。
 
私は正直、庵野テイストがあまり好きではないのだが、本作は、その個人の好みを超えて「認めざるを得ない」ものだと思う。怪獣映画らしく、ちゃんと続編を作る終わり方になっているが、正直、庵野さんには本当にこの「一回限り」にしてほしい。庵野テイストが好きじゃないからという意味ではなく、庵野ゴジラは本当にこれ一本にすることによって本当に「完成する」と思うからだ。
 
私はTOHOシネマズ日本橋で見たのだが、行きは地下鉄だったけど、帰りは思わず東京駅から在来線(有人)に乗って帰りました(笑)。

2016年7月29日 (金)

国際リニアコライダー(ILC)招致イベントに行ってきた!

20160727 なんじゃこの写真はって感じですがw
世界の物理学界のスーパースター村山斉先生と、サイエンス・キティちゃんと、不肖ワタクシめでございます。
27日、国際リニアコライダー(ILC)招致イベントに行ってまいりました。
前半に村山さんとCERNのリン・エヴァンスさん(この人*You Tubeに飛びます)の講演、後半にパーティという二部構成で、これからILCを日本に招致するための周知活動イベント。っていってもそもそもそのILCって何なんだよという感じですが、要するにインターナショナルなリニアなコライダー……いやその、国際運用する直線軌道型の素粒子加速観測装置です。
粒子加速器と言えば、数年前、ヒッグス粒子発見で話題になった(そして超光速ニュートリノのガセネタでブーイングを浴びた)CERN(ヨーロッパ合同原子核研究機関)をまず思い浮かべるかと思いますが、あれは陽子という複合粒子を衝突させているので、複合くない、素粒子同士の衝突を観測したいと思っていても、いらん粒子同士の衝突のデータも一緒に得られてしまうので、そこから必要なデータを取り出すのがえらい大変なのだそうで。そこで次世代の加速器として期待されているのが、電子と陽電子という素粒子同士を直に衝突させる加速器、それがILCというわけだそうです(これよりもっとマシな説明はこちらへ)。当日の講演では村山さんが「LHCは、小豆同士の衝突が見たいのに豆大福同士をぶつけているようなもの。ILCは最初から小豆同士をぶつける加速器」という説明をしててめっちゃナルホドと思いました。
日本はこのILC建設の最有力候補地となってはいるものの、まだ決まったわけではないです。公式サイトには、ILCが建設されることで得られる科学以外の恩恵についても書かれてますので、できるだけ多くの方に読んでいただき、誘致活動を支援していただければと勝手に思っております。
いや~、しかし、コズミックフロントのファンで、『ビッグバンとインフレーション』で村山さんの業績を訳注で足した人間としては、ナマ村山斉さんと直にお目にかかれた昨日のイベントは至福でございました。ザセツした元理系としては、関われることなんて一生ないだろうと思っていた量子物理学にちょっとでも関われるこの招致活動で、ほんの少しでも貢献できればとやはり勝手に思っております。
10月には六本木でILC模型の展示なんかをするイベントがあるそうです。SFの人も、科学の人も、いやSFでも科学でもない人も、みんなでILC誘致を応援しよう~!と勝手に思っています。

2016年7月24日 (日)

@大阪

いまさらなんですが、7月16日に在大阪ロシア領事館での講演に来てくださった皆様、ありがとうございました。
これ、ロシア領事館が独自に聴講募集をかけたらしく、事前にネットにも上がらなかったので、私が告知してもいいのかどうか分からなかった(その他にも分からないことだらけなまま大阪に行ったw 何しろ相手はおろしや国なのでw)のでここで告知しなかったのですが、大勢の方にいらしていただいて本当に感謝しております。
内容は全然SFじゃなくて、実際に関わってみて分かったロシアの文学や出版関係のことをお話ししましたが、本当はもっとSF関係のこともお話ししたかったですねえ。まあそこらへんは自分の反省点ですが。次に何か機会があったら努力いたしますです。
……と、なんかね、16日のアリバイを主張しといたほうがいいと言われたのでやってみましたsweat01 午前中は新幹線移動、午後が講演、元ロシア総領事と会ったり大阪の「アラビク」でコーヒー飲んだり、ずっと翻訳家の増田まもるさんが一緒でしたし、ネットにはアクセスしてないので、問題ないかと思いますが……。もしかして、また何も知らないうちにヘンなことに巻き込まれてるのかしら、私sweat01

2016年6月25日 (土)

アステロイド・ツリーの彼方へ (年刊日本SF傑作選)

61ozz8p5kyl_sx354_bo1204203200_ アステロイド・ツリーの彼方へ (年刊日本SF傑作選) (大森望・日下三蔵/編、東京創元社、2016年)に、『屍者たちの帝国』に書き下ろした「子ねずみと童貞と復活した女」が収録されました~。
 
面子は上田早夕里、円城塔、梶尾真治、上遠野浩平、北野勇作、坂永雄一、菅浩江、高井信、高野史緒、飛浩隆、酉島伝法、野崎まど、林譲治、速水螺旋人、伴名練、藤井太洋、 宮内悠介、森見登美彦、ユエミチタカ、そして第7回創元SF短編賞受賞作と選評。なんかすごいお得感。
 
見本は届いたんですが、こういうのって、なんかもったいなくて一気読みできない貧乏性なワタシw ちまちま惜しみながら読み進めます。発売は6月30日です。Amazonとかではすでに予約が始まっております。
というわけで、どうかよろしくお願いいたします~。

2016年6月17日 (金)

NipPop2016の記事

ハイこれがその毎日新聞に掲載されたNipPop2016(@ボローニャ)でございます。きれいにスキャンできてなくてゴメン。どうしても肉眼で見た時より裏写りしてしまうのだった。
201606132

2016年6月13日 (月)

NipPop2016の紙媒体レポ

今日、6月13日の毎日新聞にNipPop2016のレポ書きました。短いところにぎっちぎちに詰め込んだシロモノですが。よろしくでございます。

2016年6月 8日 (水)

Funèrailles de Monsieur Marcel Martin

 

J’ai la profonde douleur de vous annoncer le décès de Monsieur Marcel Martin (critique et historien du cinéma) suivenu le 4 Juin 2016 à l’âge de 89 ans.

 

Les obsèques (peut-être obsèques civils) auron lieu le 10 Juin à 14h en Cimetière du Père-Lachaise.

 

 

2016年6月 7日 (火)

マルセル・マルタンさんの葬儀について

マルセルさんの葬儀は6月10日14時からペール・ラシェーズ墓地にて。
 
とりあえず告知のみにて失礼。

2016年6月 5日 (日)

訃報:映画評論家マルセル・マルタン氏

Portrait_de_marcel_3 ボローニャのNipPop2016行ってきました。もうとっくに帰ってきてたんですが、時差ボケと戦いながら本のダンボールを開けたり移動したり原稿書いたりで、ちょっとブログまで手が回りませんでした。NipPop2016については近日中に紙媒体メディアでレポします(掲載日が決定したらこちらで報告します)。しかし……このダンボール生活……いつ落ち着くのやら……。不用意に開けると、本って総体としては液体としてふるまうからなあ……

まあダンボール生活のことはともかく……。NipPop2016の後、私用でフランスに寄って帰ってきたのですが、私がパリにいる間に、長らく療養状態だったマルセル・マルタンさんが危篤の状態になり、今日、「(現地時間の)6月4日に亡くなった」という知らせが入りました。享年89歳。心からお悔やみを申し上げます。
マルセル・マルタンさんは1926年ナンシー生まれ。映画評論家として、映画史家として母国フランスを中心として活躍され、カンヌ、東京、モスクワ等、世界各国の名だたる映画祭で長年にわたり審査員をつとめ、エイゼンシュテイン・シネクラブ(日本)顧問や国際映画批評家連盟名誉会長等の立場で後進の指導にも尽力されました。
単著のデビュー作はLe Langage cinématographique, Éditions du Cerf, 1955(『映画言語』、金子敏男訳、みすず書房、1957年)、そして単著での遺作はLe Cinéma soviétique de Khrouchtchev à Gorbatchev, L'Âge d'Homme, 1993(日本未訳)となりました。世界で初めてチャップリンを単なる娯楽以上のもの、映画論的に論じるべき対象として取り上げたのもマルセルさんでした(Charles Chaplin, Seghers, 1966)。以来、今なお世界中で毎年のようにチャッブリンに関する映画論が刊行されていますが、まさにそのパイオニアだったわけです。
最期の来日は2004年の中津川映画祭と東京でのエイゼンシュテイン・シンポジウムの時でした。正直ロシアからのゲストなんかはなかなか好きなよ~にやってくれちゃって、通訳とアテンドをやっていたうちのシロクマはだいぶ翻弄されてましたが、マルセルさんは日本側のスタッフ一人ひとりにも細やかな気遣いをされて、威厳がありながらも全く「偉い人」的な威圧感のない、とてもお優しい方でした。
8年ほど前に認知症を発症され、ここ4年ほどはパリ16区の老人ホームで療養しておられました。3年前に訪問した時には、もうほとんど家族や慣れた看護人以外の人とはお話はできない感じでしたが、マルセルさんと夫人の幸子さんと私でチャップリンの『キッド』のDVDを観た時、要所要所で反応を見せておられました。ケン・ローチの二度目のパルム・ドールにニュースに対しても「もしかしたら分かったのでは?」と思われるような、微妙ながら反応があったとのこと。知的な活動を自分自身によって封じられた晩年には辛いものもあったでしょうが、夫人の献身的な介護のもとで穏やかに暮らしていたようです。パリ滞在中に幸子夫人からタルコフスキーのサイン本をいただきましたが、これがマルセルさんの遺品にもなってしまいました。
上記のロシア映画論や、アルジェリア戦争従軍時の日記(幸子さんもつい最近それを発見するまでマルセルさんに将校経験があるとは知らなかったという!)などは、日本でも出版できるといいんですよねえ。アルジェ日記は、イスラム圏と戦うこと/付き合うことのヒントになる記述もけっこうあるので、今の日本でも映画ファン以外の層にも需要ありそうな気がするんですが。今、妹のジャクリーヌさんと幸子さんと私で何とかなんないもんかと考えています。興味があるという出版社がありましたら、takanositemail(アット)mbr.nifty.comにご一報を~。
ご本人は無神論者でしたが、私は、今はマルセルさんは「あちら」で、エイゼンシュテインやタルコフスキー、山田和夫さん、チャップリン等と楽しく映画論を交わしておられるのではないかと思っています。
私たち映画ファンにいろいろなものを残してくださったマルセル・マルタンさんのエンドロールに、盛大な拍手と心のパルム・ドールをお送りしたいです。

2016年5月16日 (月)

イタリア行きの件:ボローニャ大学のイベント NipPop2016

ギリギリになってしまった。すんません。イタリア行きの件についてです。5月21日から23日にボローニャ大学で開催される日本のポップカルチャー寄りシンポジウム「ipPop2016」のゲストとして、二つのフォーラムに出演します。

NipPop2016

ゲストの一覧はこちら

日本からの他のゲストは、松本零士さんやあさのあつこさん。私の出演は以下の通り。21日土曜日の10:30~12:30の翻訳についてのパネル・ディスカッション、15:30から作家・翻訳家のマッシモ・スマレさんによる私の紹介、16:00~17:30のトークセッションに出演します。トークセッションでは、主に日本のSFについての話になるようです。

というわけでダンボールの山を一時放棄。ホコリまみれで喉ヤラレてますけど、がんばります。

«流血の暴力革命